無良はSP5位 連続ジャンプでミス...高地で「着氷コントロールできなかった」

無良はSP5位 連続ジャンプでミス...高地で「着氷コントロールできなかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックが14日、米ソルトレークシティーで開幕した。男子ショートプログラム(SP)で、無良崇人(26=洋菓子のヒロタ)は77・44点で5位、友野一希(19=同大)は69・88点で8位だった。昨季の四大陸選手権覇者のネーサン・チェン(18=米国)が91・80点で首位発進した。

No image

今季初戦のUSインターナショナルクラシックでSP5位発進となった無良崇人

平昌五輪出場を目指す無良の新シーズンは不満の残るスタートとなった。4回転トーループとトリプルアクセル(3回転半)に成功したが、連続ジャンプは最初の3回転ルッツの着氷でバランスを崩して単発になるミス。標高約1300メートルの高地の影響で「高く上がりすぎて、着氷をコントロールできなかった。予想以上に回った」と悔しがった。フリーでは4回転サルコーに挑戦する予定。羽生、宇野に続く代表3枠目を狙うベテランは「どうなっても跳びます。高地なので、(体を)絞めれば、しっかり回れる」と攻めの姿勢を強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<フィギュア>羽生結弦がSP歴代最高得点を更新!中国のファン熱狂=「もはや帝王」「彼との結婚がまた遠のく...(泣)」
羽生結弦、4回転ループ回避も「後半マックス」
羽生、SP世界最高点で首位=フィギュアスケート
羽生結弦「そんなに出るんだ、と」/一問一答
羽生結弦が世界最高112.72マーク 自身の記録更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加