最新ランキングをチェックしよう
監督息子 墜落機に乗り遅れる

監督息子 墜落機に乗り遅れる

  • スポルト
  • 更新日:2016/11/30

シャペコエンセ監督カイオ・ジュニオールの長男マテウス・サロリ(24)は、月曜にサンパウロ行きの飛行機に搭乗し、シャペコエンセの遠征に参加するはずだった。

しかし、マテウは飛行機搭乗前に自宅にパスポートを置き忘れたことに気が付いた。
事故後にマテウは人々の哀悼の意に感謝すると共に、犠牲者の家族のプライバシーを尊重して欲しいとSNSで訴えた。

「友人達よ、僕の母と兄弟、僕は大丈夫だ。僕達は力を必要

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサ 118年で初の珍事
ペップ監督が“ベンゲル解任論”に憤慨 過熱するバッシングは「受け入れがたい」
なぜ...柴崎 個人的な理由でバルセロナへ
90分間続いた人種差別にブラジル人選手が涙、セルビア
伊メディア「あの人は今?」で元日本代表FW森本を特集 「日出ずる国から来たインザーギ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加