最新ランキングをチェックしよう
サンリオ、迷走で経営悪化...56年社長君臨、28歳の孫が専務昇格で世襲確定

サンリオ、迷走で経営悪化...56年社長君臨、28歳の孫が専務昇格で世襲確定

  • Business Journal
  • 更新日:2017/12/08

サンリオは6月22日、多摩市のパルテノン多摩大ホールで定時株主総会を開催した。1960年に山梨県の絹製品を販売する外郭団体を独立させ、山梨シルクセンター(現サンリオ)を設立して以来、辻信太郎氏は社長在籍56年目を迎えるが続投した。孫の辻朋邦氏(28)が専務に昇格した。前年に取締役になったばかりだが、一気にナンバー2に躍り出た。創業一族によるトップの座の継承が明確になった。
 5月18日に開いたアナ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ZOZO前沢社長さんまと対面 首を絞められる
日本人が考えることは怖過ぎる!?ドッキリ映像に大反響
「日本のこれを見てくれ!」中国人を感服させた1枚の画像―中国ネット
いまさら聞けない格安SIMのメリットとデメリット
韓国大統領府の発言は「正直ばかげている」、米CSISの批判に韓国ネットは...

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加