最新ランキングをチェックしよう
サンリオ、迷走で経営悪化...56年社長君臨、28歳の孫が専務昇格で世襲確定

サンリオ、迷走で経営悪化...56年社長君臨、28歳の孫が専務昇格で世襲確定

  • Business Journal
  • 更新日:2017/12/08

サンリオは6月22日、多摩市のパルテノン多摩大ホールで定時株主総会を開催した。1960年に山梨県の絹製品を販売する外郭団体を独立させ、山梨シルクセンター(現サンリオ)を設立して以来、辻信太郎氏は社長在籍56年目を迎えるが続投した。孫の辻朋邦氏(28)が専務に昇格した。前年に取締役になったばかりだが、一気にナンバー2に躍り出た。創業一族によるトップの座の継承が明確になった。
 5月18日に開いたアナ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
海外企業の輸入サポートから宅配まで一気通貫するサービス開始
ドバイ警察も採用を検討!?「金田のバイク」感あふれる『zecOO』がかっこよすぎる【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&バイク】
TDバンク、仮想通貨売買でのクレジットカード使用を禁止【フィスコ・ビットコインニュース】
エア・ドゥ、搭乗をVRで体験できるコンテンツ制作 北海道旅行博で一般公開
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加