【松本】すっかり大人になった“元浦和”阪野豊史は、敵として立った埼スタで何を感じたのか

【松本】すっかり大人になった“元浦和”阪野豊史は、敵として立った埼スタで何を感じたのか

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/24
No image

かつてのチームメイト森脇らとマッチアップ。一瞬の隙を突いて奪ったゴールは見事だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

約6年ぶりに埼スタのピッチに。懐かしさを感じながらも、冷静だったという。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

[J1リーグ24節]浦和1-2松本/8月23日/埼玉スタジアム2002

「サポーターの声援が大きくて、試合中は味方への声が通らない。このスタジアムが良い雰囲気の時は、やっぱりなかなか難しいなと。久しぶりにやってみて懐かしい感じがしました」

浦和ユースで育ち、明治大を経て、浦和でプロキャリアをスタートさせたのが22歳の時。ルーキーイヤーはリーグ9試合に出場し、埼スタのピッチを駆け回った。

それから6年、すっかり大人になった阪野豊史は、そしてこの日は赤ではないユニホームを身にまとい、埼スタに立っていた。

カップ戦でしか出番を得られなかった2014シーズン終了後、阪野は15年に栃木SCへ、16年に愛媛FCへ期限付き移籍。この2年で83試合・18得点とJ2で確かな実績を残し、17年にモンテディオ山形に完全移籍を果たした。

山形のエースとして活躍し、今季も21試合・7得点と一時はチームを首位に引き上げる原動力となると、そんな活躍が認められて、この夏にJ1の松本に完全移籍。そして松本の一員として臨むJ1リーグ5試合目が、敵地での古巣・浦和との対戦だったのだ。
プロ1年目のシーズンぶりに埼スタのピッチに立った阪野の気持ちは、不思議と落ち着いていた。「当時はがむしゃらな感じでプレーしていた記憶があるんですけど、今日は比較的落ち着いて出来ていた。それが成長なのか分からないですけど、良いメンタリティでできていました」

前半こそ森脇良太、槙野智章といった以前のチームメイトの激しいマークに苦戦した阪野だったが、見せ場は1点ビハインドの75分にやってくる。

左ウイングバックの高橋諒から上がったクロスにジャンプ一番。森脇と槙野との競り合いを制して、技ありのヘディングで見事に同点ゴールを叩き込んでみせた。

「ペナルティエリアの中で勝負できれば勝てる自信もあった。チャンスの時はしっかり入っていこうと心掛けていたので、そういう気持ちや、動きの繰り返しが、ゴールにつながったのかなと思います。相手に当たってコースが変わってラッキーだったかもしれないですけど、しっかりそこでミートできたので」

完全に主導権握られていた悪い流れを一瞬にして変える値千金の同点ゴールであり、阪野にとってはJ1初ゴール。しかも古巣相手に決めた、いわゆる“恩返し弾”でもある。

「色々な気持ちがあった。ユースから育ててもらったし、トップチームに入ってからも、悔しい想いもたくさんしたクラブ。一番思い入れがあるクラブなので、その相手に得点できたのはすごく嬉しい。やっぱり移籍したからには、成長した姿を見せるのは大切なので、そういう意味では、良い相手に初ゴールできたと思います」

阪野のゴールで波に乗った松本は、その8分後に決勝ゴールを奪い、勝ち越しに成功。約3か月ぶり、リーグ戦では13節・名古屋戦以来の勝利を飾った。
試合前のスターティングメンバー発表で阪野の名前がアナウンスされると、スタンドからはブーイングが飛んだ。

そんな浦和サポーターからの手荒い“歓迎”も、「あまり聞いていなかったんですけど、覚えていてもらえるのは嬉しいことです。今日また点を決めて思い出してくれた人もいると思うので、ここからまた活躍した姿を見せられるように頑張りたいです」とエネルギーに変えている。

約6年ぶりに立った埼スタでのゴールは、きっと大きな自信になったに違いない。また成長した姿を見せたい――笑みを浮かべながら、そう語るストライカーは、さらなる活躍を誓った。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【浦和 1-2 松本 PHOTO】今季初の逆転勝利!松本が11試合ぶりの白星!

【松本山雅FC喜びPHOTO】11試合ぶりの勝利に歓喜!埼スタに響く勝利の歌声!

【松本FW阪野豊史 PHOTO】恩返し弾で反撃の狼煙を上げる!移籍後初ゴールで勝利に貢献!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「悪い流れができている...」プレミアリーグ4戦未勝利の青森山田にいったい何が?武田英寿も猛省する守備面の課題
グランパス、風間監督に関する報道について声明「当社が発表したものではございません」
[関東]上位争いを経験することによる急成長...桐蔭横浜大対立正大は”一段上”のドロー
J1昇格争いは勝点7差に10チームの大混戦!長崎が4位・京都を下し、金沢とともに勝点50に到達!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加