ドルトムント監督、欧州L優勝で残留の可能性と独紙

ドルトムント監督、欧州L優勝で残留の可能性と独紙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

ドルトムント新加入バチュアイ(右)と笑顔を見せる香川真司(2018年2月2日撮影)

ドルトムントは15日(日本時間16日)に欧州リーグ決勝トーナメント1回戦でアタランタと対戦する。

ドイツ杯で敗れ、欧州CLに敗退したドルトムントにとって今季タイトルを取るラストチャンスだ。

14日の独紙ビルトによると、首脳陣は何としても5月16日にフランス・リヨンで行われる決勝に進出し、トロフィーを手にしたいと思っている。そのため選手を温存したりはしない。欧州リーグはブンデスリーガで来季の欧州CL直接出場権を獲得するのと並んで力を入れているところだ。

ドルトムントとペーター・シュテーガー監督との契約は6月30日までで、その後ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督が後任となるとみられている。だが欧州リーグ優勝となれば、シュテーガー残留の可能性も十分にある。

代表取締役ハンスヨアヒム・バッツケは「彼はまだブンデスリーガで1敗もしていない。今後もそれが続くようなら、その監督と一緒にやらないというのは愚かなことだ。満足している。ペーター・シュテーガーは非常に素晴らしい監督だ」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「雪上の奇跡」スノボ選手のスキー金、IOC関係者からも称賛の声
高梨沙羅のバッチリメイク論争に一石 峰麻美が「今年一番の衝撃」写真
NBAスター選手が決死の暴露「スポーツは大衆支配のためのツール」! 米国の絶対タブー、社会を操る“闇のシステム”の全貌とは!?
平昌五輪、韓国人選手の対戦相手のSNSに韓国人が誹謗中傷攻撃...IOCが異例の呼びかけ
なでしこ22歳FW、謎の「セクシーポーズ」反響 「なぜこんなことに...」と絶妙写真公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加