最新ランキングをチェックしよう
年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果

年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/02/19

by rawpixel.com
発ガンは、ガン抑制遺伝子の対立遺伝子の両方が変異や欠損によって機能を失うことで起こるとする「2ヒット仮説」は、1971年にアルフレッド・ジョージ・クヌードソンJrが提唱してから2018年現在まで、発ガンにおける支配的なアイデアとして存在しました。しかし、新しい研究では、対立遺伝子ではなく、ガンを抑制する免疫系の役割が着目されています。
As we age, canc

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
中居正広に「つまらない」、山田孝之を浮気相手に......人気男性芸能人を振り回した女は誰!?
Dカップ適乳ボディが最近色っぽい 大貫彩香「お仕事が恋人です、ほんとだよーん♡」
上場直前のソフトバンクが抱える「ファーウェイ問題」の深刻度
【Amazon サイバーマンデー】タイムセールで80%以上オフも! 500円のサンワダイレクト「折りたたみ式簡易宅配ボックス」や撥水加工・USBポート付きの2wayビジネスバッグがお買い得に
脊山麻理子が“セクシーすぎる”SM写真集発売で話題に......やっぱり「サブカル志向」なの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加