最新ランキングをチェックしよう
年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果

年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/02/19

by rawpixel.com
発ガンは、ガン抑制遺伝子の対立遺伝子の両方が変異や欠損によって機能を失うことで起こるとする「2ヒット仮説」は、1971年にアルフレッド・ジョージ・クヌードソンJrが提唱してから2018年現在まで、発ガンにおける支配的なアイデアとして存在しました。しかし、新しい研究では、対立遺伝子ではなく、ガンを抑制する免疫系の役割が着目されています。
As we age, canc

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
台湾報道官が日本の航空会社のボイコット呼び掛け、市民は賛同せず―中国紙
月9共演の織田裕二と鈴木保奈美、27年後の「大人の事情」が生々しい
放送中止のドラマ『幸色のワンルーム』は、そんなに危険な話なのか?
市川海老蔵「小林麻央さん一周忌」で再婚話が加速
もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
  • このエントリーをはてなブックマークに追加