最新ランキングをチェックしよう
年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果

年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/02/19

by rawpixel.com
発ガンは、ガン抑制遺伝子の対立遺伝子の両方が変異や欠損によって機能を失うことで起こるとする「2ヒット仮説」は、1971年にアルフレッド・ジョージ・クヌードソンJrが提唱してから2018年現在まで、発ガンにおける支配的なアイデアとして存在しました。しかし、新しい研究では、対立遺伝子ではなく、ガンを抑制する免疫系の役割が着目されています。
As we age, canc

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
現地大使館も激怒した「中国人侮辱」のスウェーデンのテレビ番組の内容とは
「ポケモンGO」の再来か...! ガンホーが「新作」で大復活の兆し
新庄剛志、年俸2200万円で2000万のベンツ購入!借金生活送る
イモト、安室奈美恵さん引退当日に涙を呑む悲劇 『イッテQ』に批判の声も
iOS12で「ディスプレイの画質が落ちた」との苦情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加