巨人田口「自分が頑張って」救援陣休ます10勝目

巨人田口「自分が頑張って」救援陣休ます10勝目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/12
No image

広島対巨人 今季10勝目を挙げた巨人田口(撮影・たえ見朱実)

<広島2-9巨人>◇11日◇マツダスタジアム

巨人田口麗斗投手(21)が、2年連続の2桁勝利を達成した。

今季最多の127球を投げて、9回8安打2失点の完投勝利で10勝目(2敗)をマークした。

真骨頂の粘りで投げ抜いた。4回、1死二塁から広島鈴木に特大の2ランを浴びて先制を許した。しかし後続を断ち切ると、直後の5回に味方打線から大量6点の援護を受け取った。「苦しかったけど、頼もしい先輩方がいてくれて、2点で抑えられてよかったです」。以降は救援陣の負担を減らす完投を目標に定め、直球主体の攻める投球で9回まで1人で投げ抜いた。

「リリーフの方もそうですし、先輩方も、移動しての試合ですので、自分が頑張って流れをつくれればいいなと思っていました。一つ勝つことは本当に大変だなと日々実感している。何とか今日は決めたいなと思っていたので、よかったです」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?
伊東監督「全部つまらんエラー」サヨナラ悪送球嘆く
西武菊池に球審が2段モーション指摘 辻監督は不満
西武栗山が代打サヨナラ弾「優勝、あると思います」
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加