富士通の堅牢タブレット「arrows Tab QHシリーズ」にコンシューマーモデル登場

富士通の堅牢タブレット「arrows Tab QHシリーズ」にコンシューマーモデル登場

  • MdN
  • 更新日:2020/02/06
No image

「WQ2/E1」

富士通クライアントコンピューティング株式会社は、同社のタフネスタブレット「arrows Tab(アローズタブ) QHシリーズ」の新製品として、コンシューマー向けモデルとなる「WQ2/E1」を、富士通ショッピングサイトWEB MART限定で発売開始している。価格はカスタムメイドの構成により異なる。

本製品は、10.1型ワイドディスプレイのWindowsタブレット。法人向けモデル「ARROWS Tab Qシリーズ」をベースとしたもので、仕様やソフトウェアなどを自由に選択し(CPU、ストレージ、メモリ容量やOfficeなどを選択可能)、カスタムメイドで自分だけの最適な一台をオーダーできる。

防水・防塵・堅牢さはシリーズの性能をそのまま引き継いでいる。画面周りを摩擦に強いラバーで覆いつつ四隅にはグリップを増強。滑りにくく持ちやすく耐衝撃性も高めた「360°デザイン」のラウンドフォルムとなっている。落下や振動、加圧など厳しい品質評価試験をクリアし、アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD 810G)に準拠した堅牢性を実現している。

そのほか、本体に六角形で持ちやすいスタイラスペン収納可能、画面に適度な摩擦感を持たせて紙のような書き心地を実現、タブレット本体の手にかかりにくい位置に豊富なインターフェースを搭載、急速充電対応バッテリーといった機能を搭載する。

No image

「arrows Tab(アローズタブ) QHシリーズ」のイメージ

「arrows Tab(アローズタブ) QHシリーズ」
価格:構成により異なる
URL:https://www.fmworld.net/arrows/tab_wifi/wq_h/
2020/02/06

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
au、スマホの残価設定購入「かえトクプログラム」を2月21日開始と発表
デザインの自動化で、デザイナーにより人間らしい働き方を提示するガラパゴス
スマホが伸びてるんですけど...
ギズモード・ジャパン
折りたたみの次は「引き出し」スマホ、TCLのスライド画面端末がリーク。MWC発表予定のコンセプト?
Windows 7に「虚無」潰しのアップデートが来た!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加