横浜市で特殊詐欺事件相次ぐ 警察が注意呼びかけ

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06

横浜市で家族以外のふりをしてキャッシュカードなどをだまし取る特殊詐欺事件が相次ぎ、警察が注意を呼び掛けています。

詐欺の疑いで逮捕された16歳の少年は今年9月、横浜市港南区の70代女性に銀行協会などを名乗って「あなたの個人情報が悪用されている」などと嘘を言い、キャッシュカード3枚などをだまし取った疑いが持たれています。警察によりますと、少年はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で知り合った男を通じて受け子の仕事を紹介されていて、取り調べに対して容疑を認めています。特殊詐欺事件は、これまで家族を装う事件が多く起きていましたが、最近はデパートの従業員など家族以外を装う事件が増え、横浜市内ではこの一週間で同様の事件が少なくとも4件相次いでいます。警察は、カードの使い込みなど連絡を受けた場合は警察に相談するよう注意を呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“内密出産”とは... 熊本の病院で導入検討
バイト中に15歳少女が転落死 太陽光パネル点検作業
“失神ゲーム”は絶対ダメ!小学生が一時意識不明に
薬物依存ぶりが明らかになった清水良太郎
真冬並みの寒さの日曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加