【特別映像】『ファンタビ』の“闇の存在”にコリン・ファレルも言及!?

【特別映像】『ファンタビ』の“闇の存在”にコリン・ファレルも言及!?

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/12/01
No image

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

もっと画像を見る

公開初日から満席の劇場が続出し、本年度に公開した洋画実写作品でNO.1となるぶっちりのスタートを切った『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。このほど、その大ヒットを記念して、本作での強大な魔法使いの存在を、J.K.ローリングやエディ・レッドメイン、エズラ・ミラー、コリン・ファレルらが明かす特別映像が解禁となった。

ハリー・ポッターが在籍したホグワーツ魔法魔術学校の“先輩”で、動物といるほうが気が楽な魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が主人公となる本作。ニュートは魔法動物たちを調べ、保護するために不思議なトランクの中を魔法動物でイッパイにしてニューヨークを訪れるが、ある日、その魔法動物たちが人間(ノー・マジ)の世界へと逃げ出し、街中が前代未聞のパニックに。しかも、そのころアメリカの魔法界はピリピリとした空気に包まれていた。ニューヨークの街で地割れや建物の倒壊など、不可思議で危険な現象が相次ぎ、これを「魔女のせいだ」と騒ぎ立てるノー・マジの集団が出現していたのだ…。

ニュートを演じるエディは、「映画には、J.K.ローリングらしいユーモアと温かさに加えて、恐怖も描かれます。理解できないものに対する恐れや、その恐れに対する極端な反応を描いています。だから、ニューヨークの魔法使いたちは人目を忍ぶようにして暮らしているし、ノー・マジとは全く交流がない。だから魔法動物を抹殺しようとするのも、魔法使いの存在を知られてはいけないという恐怖があるからだと思う」と明かす。

アメリカ魔法議会(MACUSA)では「魔法使いの存在は絶対に知られてはならない」のが掟。数々巻き起こる危険な現象の原因は不明だが、ヨーロッパで大惨事を引き起こした闇の魔法使い、グリンデルバルトがいまだ逃走中との背景もあり、MACUSAは強度の警戒態勢を敷いていたのだ。

今回の映像で、J.K.ローリングは「『ハリー・ポッター』とは意外な形でつながっている。魔法使いが世界の秩序を初めて脅かすの」と、ファンにはたまらないヒントも明かす。さらに、MACUSAのトップクラスの魔法使いとして名高いパーシバル・グレイブスを演じ、注目を集めているコリン・ファレルも、「グレイブスは魔法界に有害なものを捜査する闇祓いなんだ」と語る。

「MACUSAのメンバーでさえ、グレイブスのことはよく知らないので、僕はこのキャラクターがどこまで謎なのかを楽しんで演じたんだ」というコリン。映像からも分かるように、グレイブスにまつわる謎の1つは、エズラ・ミラー扮するクリーデンスへの非常に強い関心だ。そんなクリーデンスが手にするのは、『ハリー・ポッター』シリーズにも登場していた“死の秘宝”のネックレス。このシーンが意味するものとは…?

SNSでは「観終わったばかりなのにもう1回観たい」「あと2回は観る!」など、複数回鑑賞を宣言している人も多く、少しでもその謎に近づくためにリピーターも続出しそうだ。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は全国にて公開中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女同士の究極の純愛―中田秀夫監督、初のロマンポルノ『ホワイトリリー』
5つ星!『君の名は。』を英メディアが大絶賛
中国発:『マッドマックス』のパクリ映画『マッド・シェリア』からMVが登場
映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加