中台で異なる蒋介石の評価

中台で異なる蒋介石の評価

  • WEDGE
  • 更新日:2017/11/13
No image

エコノミスト誌の10月5日付け記事が、中国本土で蒋介石が再評価されている背景には中国再統一の信念を抱いていた蒋介石を利用して台湾国民党の歓心を買いたい中国共産党の思惑がある、と報じています。要旨は次の通りです。

(iStock.com/wrangel/whilerests/Pomogayev/luplupme)

共産党と国民党との内戦の後、中国では蒋介石の名前は悪と同義語になっていたが、状況は変わり、南京郊外のかつての彼の公邸は今や観光スポットになっている。そこには毛沢東の不倶戴天の敵の住まいであったことを示唆するものは何もない。

この20年で蒋介石は中国共産党幹部の頭の中で極悪人から愛国者に変貌、彼の妻、宋美齢はちょっとしたアイドルになっている。共産党は懸念を抱きながらも、「少なくとも蒋は、台湾は、共産党支配でないにせよ中国の不可分の一部という信念を抱いていた」との考えを示すようになり、この考えを否定する現台湾政府の注目を期待している。

1949年以降、国のゲストハウスになっていた蒋介石の屋敷は、修復作業を経て2013年10月1日、国慶節の日に再公開され、その後の1年間で50万人もの観光客が訪れた。中国国内にある蒋の他の屋敷も修復され、観光地になっている。

南京の屋敷は美齢宮と呼ばれており、蒋介石の名前の使用はまだ微妙であることを示している。しかし、ギフト・ショップでは蒋が連合軍側の4大指導者の1人であったとする伝記が売られている。伝記は中国が国連の創立メンバーになったことを蒋の功績と認め、さらに、蒋は死ぬまで中国再統一の理想を抱いていたと言っている。

中国共産党は蒋のこうした面を強調することで、台湾の国民党の歓心を買えるのではないかと期待している。国民党の少なくとも一部は今も蒋介石を英雄と見ている。しかし、与党民進党は、1947年の反国民党運動の弾圧で数千人の死者が出たのを蒋の責任と見ており、その後の彼の独裁的支配も非難している。

台湾が蒋介石の屋敷の公開を始めた1990年代は、内戦以来の国民党の支配が続いていた時期で、蒋はまだ支持され、国際空港も彼の名前を冠していた。しかし、その国民党も蒋の残虐性は問題にし始めていた。屋敷に残る地下トンネルや恐ろしげな見張り台も、蒋がいかに謀反や暗殺を恐れていたかを観光客たちに告げていた。

その後、政権を握った民進党は蒋介石への個人崇拝の排除を開始。彼の数多くの像は撤去され、いくつかの屋敷はホテルや画廊に転用、2006年には空港の名称も台湾桃園国際空港に変えられた。

蒋介石排除の動きは国民党が政権の座に返り咲いた2008~2016年は止まっていたが、現在は再開され、台湾政府は彼を顕彰する中正紀念堂の設計し直しを考えている。具体案はまだ明らかでなく、民進党の活動家が要求するように蒋の銅像が撤去されるかどうかもわからない。撤去されればおそらく中国は動揺し、墓の中で蒋もどこを向けばよいのかと困惑しよう。

出典:‘Mansion makeovers’(Economist, October 5, 2017)
https://www.economist.com/news/china/21730036-visitors-china-and-taiwan-have-very-different-views-late-dictator-chiang-kai-sheks-former

中国内部で蒋介石の歴史的意味の再評価が行われていますが、これは中国による台湾懐柔策の一環である、との論説です。この論旨は的確です。

蒋介石、蒋経国の両総統の国民党政権の時代(1949~88年)には、中華人民共和国と中華民国との間でいずれが「正統な中国」であるかをめぐって敵対しました。その時、蒋政権は「漢賊並び立たず」として、台湾にある中華民国が全中国を支配しているとの立場をとりました。

そして、当然ながら、蒋介石政権は台湾の住民たちはすべて「中国人である」との前提で台湾を統治しました。ちなみに、当時の戒厳令下では住民に対し、「中国人」であるか、「台湾人」であるか、というようなアンケート調査を行うことは禁止されていました。

しかしながら、米ソの冷戦構造が終わり、しかも民主化の進展とともに、「台湾人意識」が着実に強まってきた今日の台湾における実態は、このような戒厳令の時期とは大きく変わってしまいました。

中国から見ると、蒋介石が台湾を「中国の一部」として統治していたことは、中国の望む「台湾統一」という建前に合致します。その後、李登輝が中台関係を「特殊な国と国」の関係と呼び、陳水扁が「一辺一国」の関係と呼んだために、中国は彼らを敵視しました。

中国にとっては、台湾の対処をめぐっては、「正統な中国」であるか否かをめぐって争っているほうが、「別の国」か否かをめぐって争うよりはるかに容易でしょう。「同じ中国人」という「共通の土俵」に立つ限り、13億人の人口をもつ中華人民共和国が、2300万人の人口をもつ中華民国(台湾)を圧倒することができるからです。

ただし、本論評の指摘する中国による蒋介石再評価の動きは、決して最近になって始まったことではありません。

2011年、辛亥革命百周年に当たる年に、中国は台湾に学者・研究者を大量に派遣し、シンポジウムなどの場において蒋介石が果たした役割を積極的に再評価したことがあります。この時、台湾では馬英九国民党政権の時期でした。その意図するところは、中台統一への一つの布石であったと思われます。

現在の民進党蔡英文政権は、中台関係については「現状維持」を標榜しつつも、基本的には独立を指向しており、最近の中国における蒋介石再評価の動きが、今日の台湾の政情などに特段の影響を及ぼすとはとうてい考えられません。

近代中国の指導者として蒋介石が果たした役割は多方面にわたっており、その全般的な歴史的評価については、もともと賛否両論が存在しています。

▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「韓国軍に慰安婦の導入が急務」韓国大統領府への請願が波紋呼ぶ=韓国ネット「日本との間で慰安婦問題を抱えているのに...」
韓国ネットが選んだアジアの5大名将、日本から1人、中国から2人、1位は韓国の名将―中国メディア
なぜ韓国人が喜んで日本観光へ行きたがるのかが理解できない=韓国メディア
脱北者が明かす金正恩政権下の北朝鮮「すでに崩壊している」―米紙
カナダで発生した中国人美少女「失踪」事件の真相
  • このエントリーをはてなブックマークに追加