最新ランキングをチェックしよう
ほぼ、破ることが不可能なテニスの記録7選、最多ラケット破壊記録は誰が?

ほぼ、破ることが不可能なテニスの記録7選、最多ラケット破壊記録は誰が?

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2019/09/20

アメリカのメジャーリーグベースボールで、カル・リプケンが樹立した連続試合出場記録2632回など、どのスポーツでも驚きの記録が数多く存在する。今回は、米スポーツメディアのSports Castingが発表した、テニスにおける「ほぼ、破るのは不可能な記録」を紹介する。1:世界最速サーブ記録時速263kmギネスの記録に認定されている、この高速サーブを打ったのはサム・グロス(オーストラリア)。彼が2012

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
杉田祐一 決勝進出ならず
今季2勝目「重圧なかった」
15歳の天才少女ココ・ガウフをツアー初優勝へと導いた父のアドバイスとは
今季初V 昨年覇者に快勝
錦織圭デビス杯代表入り辞退 五輪出場資格満たせず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加