探査機カッシーニ、土星に突入 20年の任務終了

探査機カッシーニ、土星に突入 20年の任務終了

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/16
No image

土星に突入する無人探査機カッシーニを描いたイラスト。米航空宇宙局ウェブサイトより。

【AFP=時事】米航空宇宙局の無人探査機カッシーニは15日、土星に突入して燃え尽き、20年にわたる任務を終了した。

カッシーニの土星観測プロジェクトには39億ドル(約4300億円)が投じられ、世界27か国の科学者が参加。79億キロに及ぶ長旅を終え、ロケット燃料が尽きた同機は、時速約12万キロの速さで土星の大気に突入。地球への連絡は、グリニッジ標準時(GMT)午前11時55分(日本時間午後8時55分)を最後に途絶えた。

土星への突入は、衛星のタイタンとエンケラドスを損傷することがないように計画されたもの。両衛星には海があり、生命が存在する可能性があるとされており、科学者たちは将来の探査にそなえて両衛星をそのままの状態に保ちたいと考えている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
将来アルツハイマー病にかかる人を脳のMRIスキャン画像から機械学習アルゴリズムで判別可能に
産総研、ゾウムシの外骨格が硬いのは共生細菌によることを解明
意味が分かると怖い話(遊んでいたら・・・)
子どもの頃の経験がDNAを改変させる(米研究)
NASAが月の北部で「巨大ピラミッド」を激写! クレーター内部に宇宙人基地が存在か!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加