DeNA林は現状維持「半年間ずっとけがしていた」

DeNA林は現状維持「半年間ずっとけがしていた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

DeNA林

DeNA林昌範投手(33)が1日、横浜市内の球団事務所で契約更改し、現状維持の年俸4100万円(推定)でサインした。来季が3年契約の3年目。今季は2月のキャンプ2日目に左太もも裏の肉離れでつまずいた。さらに3月には肩を骨挫傷、そして5月には左太もも前の肉離れで、けがが続いた。林は「まずはけがをしないこと。半年間ずっとけがをしていた。プロに入ってからこんな長いけがはない」と話した。

けがは完治し「12月はひたすら2軍球場。1月にはブルペン入りたい」と復活に向けてプランを組んでいる。「まっすぐ(直球)をよみがえらせるイメージ。そうすればフォークも生きてくる」と思い描く。来年34歳とあって、球団からはベテランとしてチームを支える役割も期待された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
IOC理事会始まる 東京五輪5競技の会場案審議へ
DeNA三上朋也、倍増6000万も4敗を悔やむ
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
10年ぶり日本一日ハム、1億円プレーヤーが続々誕生 2億超え日本人は5選手に
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加