最新ランキングをチェックしよう
山中伸弥氏、東京パラへiPS研究「生きると思う」

山中伸弥氏、東京パラへiPS研究「生きると思う」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

基調講演を行う山中伸弥京大iPS細胞研究所所長(撮影・松本航) 12年にノーベル医学生理学賞を受賞した京大iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏(54)が19日、ユニークな語りで京都の魅力を発信した。19年ラグビーW杯、20年東京五輪・パラリンピックなどに向け、国際的に機運を高めるための国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」が京都市内で開幕。山中氏は全体会での基調講演を行った。
講演の冒頭では

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「総武本線開業120周年記念号」ディーゼル機関車と客車で6月運転 JR東日本
神戸山口組が分裂 新組織立ち上げ 抗争が激化も
「消防車で団員が食事に」で謝罪 ネット「ご苦労様で済む話」
欧米ではあり得ない、頭が悪すぎる日本の大臣
女子生徒の下半身に手を入れ、ハイポーズ! 中国で青少年の“性の乱れ”が深刻化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加