久保と堂安が揃い踏みもU-22代表はなぜ期待外れに終わったのか

久保と堂安が揃い踏みもU-22代表はなぜ期待外れに終わったのか

  • Sportiva
  • 更新日:2019/11/18

期待が高まっていただけに、肩透かしを食らった感も大きかった。堂安律(PSV)と久保建英(マジョルカ)が初めて揃い踏みしたU-22日本代表は「現時点でのベストメンバー」(森保一監督)で、U-22コロンビアを迎撃するはずだったが、前半から劣勢の展開に。堂安と久保のA代表コンビは随所に優れた個人能力を見せ、何度か連携でも敵陣を崩したものの、チャンスは散発的で前半に決定機は生まれなかった。

No image

U-22コロンビア戦は、途中出場でプレーした三好康児

その理由のひとつには、前線の基準点がなかったことが挙げられるだろう。CF上田綺世(鹿島アントラーズ)はこのチームでダントツのトップスコアラーだが、特長は動き出しにあり、ボールを収めることが最大の武器ではない。堂安と久保を生かすのであれば、中央は動き回るストライカーではなく、確実にポストプレーをこなせるタイプのほうが良さそうに見えた。

「(前半に外から見ていて)バイタル(エリア)が空いている印象があったので、僕のところに入れてくれれば、タケ(久保)とリツ(堂安)が前向きでサポートし、良いタイミングで顔を出してくれると思っていました。このチームにとって、彼らが前向きでプレーするのは相当大事なので」

試合後にそう振り返ったのは、ハーフタイムに上田に変わって投入された小川航基(水戸ホーリーホック)だ。日本は後半早々に右サイドから攻略されて失点してしまったが、攻撃面に関しては明らかにリズムが良くなり、51分には堂安の左からのクロスに小川が走り込んで、惜しいシーンをつくった。

59分に再び右サイドを崩されてコロンビアに追加点を許すと、森保監督はその3分後に三好康児(アントワープ)と原輝綺(サガン鳥栖)を投入し、システムを4-2-3-1へ変更。2列目には左から久保、堂安、三好と3人のレフティが並んだ。

「左利きの3人が並ぶことによって、いろんな効果が生まれますよね。みんな顔を上げてプレーできるし、良い攻撃ができると思いました」と話した小川は、実際にその恩恵を受け、81分には堂安のフィードに抜け出し、GKと1対1に。惜しくもシュートはポストに阻まれたが、この試合でもっともゴールに近づいたシーンだった。

さらにその直後には、右サイドから堂安、久保、そしてボックス内の三好に渡る。ここはトラップが決まらず、GKに抑えられたものの、3人の左利きの技巧派による変化に富む崩しは可能性を感じさせた。

試合後、2列目の左利き三人衆について訊かれた三好は「たまたま」と素っ気なかったが、いつものようにハキハキと自らの印象を述べた。

「どうしてもまだ、チームとしての連係が必要だと思います。個人で攻撃するのはもちろん(大事)ですけど、全員でイメージを共有しなければいけない。(常にパスで)崩せばいいわけではないと思うので、後ろから一本で狙うシーンがあってもいい。どの位置からでもしたたかに相手の隙を狙っていくのが大事だと思います」

そのためには、「もっと遠目からでもシュートを狙っていいと思う」と三好は言う。9月にベルギーへ渡った彼自身、デビュー戦で名門アンデルレヒトを相手に鋭いミドルで決勝点を奪っている。また直近のクラブ・ブルージュ戦では新天地で初めて先発に名を連ね、強豪からの勝利に貢献。欧州での刺激的な日々は、またひとり、左利きの小柄な日本人アタッカーを成長させている。

「海外でそこの意識は(高まった)。日本だと打たないような距離からでも、打つ選手が多いです。自分もそういった幅を持てるようになってきていると思います」

そんな三好の言葉と似たことを話したのは、83分から途中出場した飯野亮太郎(ハート・オブ・ミドロシアン)だ。こちらも今夏から欧州で研鑽を積むスキルフルな攻撃者は、少ない時間の中で積極的に打開を図り、89分にはボックス外からゴールを狙っていったが、シュートは枠を外れた。

「自分の技術ミス。シュートの下手さが出ただけです。あの一本をしっかり枠に飛ばせるように、スコットランドに帰ってしっかり練習します」

マンチェスター・シティに獲得され、今季はローンに出ている食野も、当地屈指の強豪レンジャーズからゴールを奪うなど、目に見える結果を残している。

「自分のドリブルはアクセントになるし、(海外でも)通用すると思いました。そこを買われてシティに移籍したわけですし」と自信をのぞかせた一方、「(成長したいのは)パワー。海外の選手はミドルレンジでもしっかり枠に鋭いシュートを飛ばす。自分もパワーをつけて、パンチのあるシュートを枠に飛ばせるように取り組みます。選択肢を増やしたいので」と話した。

小川、三好、食野の3人は、それぞれに途中交代から見せ場をつくった。しかしこのチームの攻撃陣には「すごい選手がいっぱいいるので、一回でも気を抜いたり、変なプレーをすれば、次はない」と食野は言う。三好は「こういった1試合でポジションを失うこともある」と危機感を口にした。そしてストライカーの小川は「死に物狂いで得点を追い求めていきたい」とあらためて決意を示している。

東京五輪には、オーバーエイジの3枠を含めて、18人しか登録できない。また、本番での期待感は今日の比ではないはずだ。来夏まで繰り広げられる熾烈なサバイバルの先にチームの成長があれば、この広島で味わったような肩透かしはないと信じたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「頭にスパイクを埋め込んだ」 橋岡の“衝撃カンフーキック”被害に敵国も驚愕「血を見る試合」
日本代表、初得点の鈴木武蔵が心掛けたのは...。「個人のレベルは足りない」、言葉からにじむ向上心【E-1サッカー選手権】
日本代表、E-1サッカー選手権で試される「コマンド部隊」の資質。五輪世代で合格ラインは森島司だけ【西部の目】
良くも悪くも森保式サッカーの真骨頂。「格下」中国戦の勝因とその限界
「箱根駅伝100年目」見どころは?26年ぶりに箱根路へ戻って来た第1回優勝校とは?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加