久保と堂安が揃い踏みもU-22代表はなぜ期待外れに終わったのか

久保と堂安が揃い踏みもU-22代表はなぜ期待外れに終わったのか

  • Sportiva
  • 更新日:2019/11/18

期待が高まっていただけに、肩透かしを食らった感も大きかった。堂安律(PSV)と久保建英(マジョルカ)が初めて揃い踏みしたU-22日本代表は「現時点でのベストメンバー」(森保一監督)で、U-22コロンビアを迎撃するはずだったが、前半から劣勢の展開に。堂安と久保のA代表コンビは随所に優れた個人能力を見せ、何度か連携でも敵陣を崩したものの、チャンスは散発的で前半に決定機は生まれなかった。U-22コロンビ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加