ソフトB明石残留 FA権行使せず「やっぱり強いチームで」

ソフトB明石残留 FA権行使せず「やっぱり強いチームで」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/14

福岡ソフトバンクの明石健志内野手(31)が13日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、チームに残留する考えを明かした。宮崎秋季キャンプの練習後に「(FA権は)使わず、残留します。やっぱり強いチームでやりたいし、愛着もある。自分も完全燃焼できたかといえば、そうではなかった」と話した。

一時は他球団の評価に興味を示し、権利行使も視野に入れていた。「こっち(宮崎)に来ず、ゆっくり(福岡で)考えればよかった。決断までの時間が短すぎるでしょ」と胸中は揺れていたが、この日までに球団に残留の意思を伝えた。「毎年優勝できるチームはそうないし、いい選手がいれば自分の刺激にもなる。もっとここで頑張れるんじゃないかと思う」。常勝軍団の一員として、来季は連続日本一を目指す。

=2017/11/14付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人選手が恐れる「鹿取GMの非情コストカット」
巨人がFA野上獲得調査、先発強化へ11勝右腕白羽
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
セ新人王「記者投票」の結果に疑問噴出 「根拠を説明するべき」
桑原“第2の魔球”習得宣言 NPBアワーズで危機感「僕は球種少ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加