サハラ砂漠に移民置き去り、4月以降で約1000人を保護 UN

サハラ砂漠に移民置き去り、4月以降で約1000人を保護 UN

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/08/10
No image

ニジェール・アガデスで、車の荷台に乗ってリビアに向かう移民ら(2015年6月1日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】国連の国際移住機関は10日、北アフリカ・サハラ砂漠のニジェール領内で今年4月以降、密航業者に置き去りにされた約1000人の移民が保護されたと明らかにした。

サハラ砂漠中南部に当たるニジェールのテネレ砂漠、および同国とリビアの国境地帯でIOMが行った6日間では「密航業者がより危険なルートを利用している」ことが分かったという。リビアでは、地中海を渡って欧州へ向かおうとする移民らが滞留している。

IOMによると6月末までに保護された移民は600人に達している。また先月には7歳の少女を含む23人が砂漠で保護された。しかし、発見されずに死亡する移民も多く、5~6月には乳児を含む52人の遺体が砂漠で見つかり、また6月末に行方不明となった50人以上が死亡したと推定されている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
誘拐された英国人モデルが恐怖の体験語る「闇サイトで売られそうになった」
トイレで発見された『1995年に書かれた予言』が現代をズバリ言い当てていると話題に!「中国が米国と競うほどの経済大国に」など
寝込んだ泥酔男性、ゲイに好き放題やられる 財布からは現金も(中国)
プロテイン摂取に黄信号! 25歳の女性ボディビルダー死亡 豪州
背後に地下組織の存在? 20歳のモデル女性が性奴隷としてネットオークションに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加