松岡昌宏が主演ドラマ制作発表で女装姿を披露。「嵐の大野と相葉に待ち受けにされてる」

松岡昌宏が主演ドラマ制作発表で女装姿を披露。「嵐の大野と相葉に待ち受けにされてる」

  • TVガイド
  • 更新日:2016/10/18
No image

TOKIOの松岡昌宏が、10月21日からテレビ朝日系でスタートする主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(金曜午後11:15、時間の異なる地域あり)の制作発表に出席。演じる役柄の設定である女装姿を披露した松岡は、自らメークしていることを明かし、「女優さんのメーク直しの時間は必要だなと思いました。今までは『大して変わんねえだろ』って思ってましたが、これからは黙って待つようにします」と笑わせた。

松岡が扮(ふん)するのは、家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫。女性が主に活躍する家政婦業界において、男性ながらに掃除、洗濯、料理、子守りなどの家事全般を完璧にこなしてしまうプロフェッショナルだ。ドラマでは、そんな三田園が派遣された家庭の秘密を握り、そこに巣食う根深い問題までもすっきりと落としていく姿が痛快に描かれる。

ほぼ全編、女性の格好で劇中に登場するという“難役”に挑む松岡だが、今回のオファーを受けた際、「やっときたか」と思ったと振り返り、「常日頃、突拍子もないドラマをやりたいと思っていた。僕らが子供のころに見ていたような自由なテレビ、めちゃくちゃなものを今できるなんて、こんな幸せなことはない。心の中でガッツポーズをしながら撮影に臨んでいます」と意欲を見せた。

自身の女装姿については、「鏡を見ると、自分のおふくろがいるんですよね。スタッフにもそっくりだねって言われましたし、やっぱり自分を産んだ親なんだなって、再認識しましたね」と苦笑したが、やはり周囲の反響は大きかったらしく、「(同じ事務所の)嵐が騒いでますね。大野(智)と相葉(雅紀)が写真送ってくれと。(携帯電話の)『待ち受けにする』って言うから、『やめとけ』って言ってます」とエピソードを披露した。

制作発表には、共演の清水富美加、柴本幸、堀田茜、平田敦子、余貴美子も出席。女優陣は松岡の女装を口ぐちに「きれい」と絶賛し、清水は「現場で松岡さんの(女装をしていない)状態で見たのは3回くらいしかないので、女優さんとして見てしまう。目鼻立ちがはっきりされていて、髪形も今、流行のエアリースタイル。背も高いですし、足も私より細いので、ちょっと嫉妬心を燃やしてしまいます(笑)」と、松岡の抜群のプロポーションをうらやんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋
ネクストブレイク女優・飯豊まりえの新CM『知ってました?』が話題沸騰中!
テレ朝“朝の顔”田中萌アナが「グッド!モーニング」不倫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加