最新ランキングをチェックしよう
独西部に巨大な穴が出現、第2次大戦時の爆弾が爆発か

独西部に巨大な穴が出現、第2次大戦時の爆弾が爆発か

  • AFPBB News
  • 更新日:2019/06/25

独リンブルクの畑に出現した穴(2019年6月24日撮影)。

【AFP=時事】ドイツ西部の畑に、巨大なクレーターが出現した。警察が24日、明らかにした。第2次世界大戦時代の爆弾が爆発したものとみられている。負傷者はいないという。 穴の大きさは直径10メートル、深さ4メートル。リンブルクの住民は、23日午前3時52分(日本時間同10時52分)に爆発音が聞こえ、地面の揺れを感じたとしている。 警察の報

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画の中でしか起きないような事故がホントに起きた フロントガラスにサボテンが突き刺さる
マレーシア機撃墜から5年=容疑者訴追も究明困難
スイス空軍が航空ショーを披露したはずが...会場を間違えてアクロバット飛行をしていた
仏独西にトルコも 世界の次期戦闘機最新事情 暗雲のF-2後継機開発に必要なものは...?
トイレに薬物流さないで、「覚せい剤ワニ」誕生の恐れも 米警察が警告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加