好調ケルバーがシドニー国際4強、全豪開幕前に自信深める

好調ケルバーがシドニー国際4強、全豪開幕前に自信深める

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

テニス、シドニー国際、女子シングルス準々決勝。リターンを打つアンゲリク・ケルバー(2018年1月11日撮影)。

【AFP=時事】テニス、シドニー国際は11日、女子シングルス準々決勝が行われ、アンゲリク・ケルバー(ドイツ)は6-3、6-1でドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を下し、準決勝進出を決めた。

王座からスタートしながら、最終的に世界ランキング22位で終えた2017年を経て、今年は復活を誓うケルバーは次戦、同日行われた試合で元世界2位のアニエスカ・ラドワンスカ(ポーランド)に6-1、6-2で勝利した予選勝者のカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。

これで男女混合国別対抗戦の第30回ホップマンカップからの連勝を7に伸ばし、幸先が良い一年のスタートを切っているケルバーは試合後、「2018年の始まりとしては全く悪くない。まだ今は目の前の試合のことだけに集中し、その一つ一つから学ぼうと思っている」と語った。

「ここで準決勝にいられるのは良い気分。メルボルンに入る前に多くの試合をこなすことを目標にしていたから」

同日行われた準々決勝のもう1試合では、アシュリー・バーティが6-3、6-2でバーバラ・ストリコバ(チェコ)を退け、ガルビネ・ムグルサ(スペイン)の棄権で4強入りを果たしたダリア・ガブリロワとのオーストラリア勢対決へ駒を進めている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
選手の「うなり声」が再び物議、観客がまねる事態に 全豪OP
杉田祐一 ファンへの感謝忘れず
西岡、全豪終え課題と手応え
ナダル、ストレート勝ちで3回戦へ[全豪オープン]
15歳 全豪OP快進撃で3回戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加