三原舞依 優勝 五輪シーズン初戦で200点超えも「ノーミスじゃなかったのが悔しい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

フィギュアスケート女子で平昌五輪出場を目指す三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)が、五輪シーズン初戦で200点を超えた。

滋賀県立アイスアリーナで13日、げんさんサマーカップに出場。フリーで132・08点をマークし、12日のSPとの合計200・52点で優勝した。

フリー「ガブリエルのオーボエ」に乗って、冒頭に3回転ルッツ-3回転トーループに成功。最後のジャンプの3回転サルコーで転倒したものの、高得点をマーク。五輪シーズンで上々の第一歩を刻んだ。

▼三原舞依の話「初戦で200点超えたのは嬉しいけど、ノーミスじゃなかったのが悔しい。こんな高い点をいただけると思っていなかった。後半をグーンと上がっていけるようにしたい。(フリーの曲は)景色や情景の歌詞が多い。私の演技を見て歌詞が思い浮かぶようなところまでいければいい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦と郷ひろみがコラボ、イモトアヤコは義足の少女と槍ヶ岳登頂を目指す!! 24時間テレビ内企画が続々発表!
三原舞依が優勝「200点はうれしい」A5和牛獲得
羽生オッサンでも現役!?スケート教室で子どもたちに宣言「いつか一緒に」
「24時間テレビ40」に郷ひろみ38年ぶりの参加&イモトの登山企画も発表!
羽生結弦「自分でいられる」五輪連覇へ陰陽師再演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加