DeNA 敵失で決勝点、逆転2連勝 ヤクルトは47年ぶり借金31

DeNA 敵失で決勝点、逆転2連勝 ヤクルトは47年ぶり借金31

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇セ・リーグ DeNA6―1ヤクルト(神宮)

No image

<ヤ・D>7回2死一塁、ヤクルト代打・飯原を三ゴロに打ち取ったDeNA先発・今永はガッツポーズ

DeNAが投手戦のまま1―1で終盤に突入した試合で敵失により決勝点を挙げ、最後はヤクルトを突き放して6―1で勝利を収め2連勝。ヤクルトは2連敗を喫し、借金は70年以来の今季ワースト31まで膨れた。

DeNAは0―1で迎えた5回に宮崎の左越え9号ソロで同点。その後は1―1のまま膠着状態になったが、8回にヤクルトの投手が7回2安打1失点と好投の星から2番手・石山に交代すると、先頭・戸柱が右前打、続く梶谷が四球を選んで無死一、二塁とチャンスをつかんだ。

ここでラミレス監督は7回4安打1失点と好投していた今永に代えて代打・田中浩を起用。この田中浩が初球で送りバントを決めて1死二、三塁とチャンスを広げると、続く倉本の打球は一塁ゴロに。打ち取られた当たりだったが、これをヤクルトの一塁手・リベロが本塁悪送球する間に1点が入り、DeNAが勝ち越し。さらに桑原のスクイズも決まって2点リードとした。

9回にはロペスがこの回から代わったヤクルト3番手の松岡から左越え23号ソロを放つと、さらに2死満塁から倉本が右前へ2点適時打を放って突き放した。

今永は今永は7回を4安打1失点で、プロ1年目だった昨季を上回る9勝目。

ヤクルトは2回、2死三塁から藤井の左前打で先制。先発・星は7回2安打1失点と力投したが、リリーフ投手が打ち込まれ、打線も1点に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神、秋山劇場や!プロ初10勝&初超特大弾 金本監督「糸井より上」
DeNA 継投裏目で連勝3で止まる 三上は出場選手登録抹消へ
阪神・大山、トドメ3ラン含む5打点!金本監督「自信つけていい」
巨人宇佐美、阪神秋山が1号/18日プロ野球まとめ
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加