大谷の決意 米国でも二刀流「もう自分だけのものではない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

日本ハムの大谷翔平投手(23)が11日、東京都内の日本記者クラブで会見し、今オフにポスティングシステムを利用し、メジャー挑戦する意向を正式表明した。球団、ファンへの感謝の思いを口にし、プロ5年間で築き上げた「投打の二刀流」の継続に意欲。覚悟と決意を語った1時間。岩手・花巻東時代から抱く夢をいよいよかなえる。

決意に満ちた表情の大谷は壇上で無数のフラッシュを浴びた。背番号11と同じ11月11日午前11時。感謝の思いを込めたファイターズカラーの青ネクタイは輝いていた。

「昨日、球団にポスティングによるメジャー移籍をしたいという気持ちを自分の口から伝えた。球団の方から容認と温かい言葉を頂いた。改めて来年以降、アメリカで頑張りたいなと思う」

ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を正式に表明した。高校時代に一度は封印した夢。その夢を自らの力でさらに大きなものにした。「栗山監督をはじめ期待してくれている人たちがいる。その人たちの分も頑張っていきたい。まずは(メジャー側の)話を聞いてみたい」。二刀流でのメジャー挑戦。その目は本気だ。

「最初はごく少数の方々が思い描いた二刀流を続けたことが5年間、多くの方々に応援してもらえた。もう自分だけのものではないという部分もある」。1918年に当時レッドソックスのベーブ・ルースが2桁勝利(13)&2桁本塁打(11)を達成して、来年でちょうど100年。その間、誰も達成できなかった偉業だが、日本で2度達成した大谷ならば米国でもやってのけるかもしれない。

すでに複数のメジャー球団が大谷の二刀流を容認する姿勢を示している。「野球をやっている以上は一番の選手になりたいと思うのが普通。いろんな人たちが“彼が一番だ”と言ってくれるのが、一番幸せなこと。そういう選手を目指したい」。それはベーブ・ルースのようにファンに愛され、記録だけでなく記憶にも残る世界一の選手だ。

「今日という日に限って風邪をひいてしまって…喉の調子が悪い」。こんな人間らしい一面もファンに愛される理由だ。日本ハムから前代未聞の挑戦を提案され、熟慮の末に入団してから5年がたった。「球団側から“決して遠回りではなかった”という言葉をもらった。僕もそう思う。間違いじゃなかったと思ってこれから先も頑張っていきたい」。その言葉に偽りはない。会見から1時間45分後、大谷は千葉・鎌ケ谷のグラウンドで汗を流していた。 (柳原 直之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加