10時45分時点の日経平均は48円高、ファーストリテが日経平均を牽引、21000円台を回復

10時45分時点の日経平均は48円高、ファーストリテが日経平均を牽引、21000円台を回復

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/13
No image

株式会社フィスコ

10時45分時点の日経平均は前日比48.55円高の21003.27円。TOPIXは前日比0.63pt安の1699.50pt。

東証1部の売買代金トップは神戸鋼<5406>。その他、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、東エレク<8035>、ファナック<6954>、トヨタ自<7203>などがランキング上位に続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり853銘柄、値下がり1077銘柄。値上がり率上位銘柄は、オンリー<3376>、ジューテック<3157>、IDOM<7599>、メディアドゥ<3678>、豊和工<6203>など。

前日に17年8月期の決算を発表したファーストリテ<9983>が3%超の大幅高。決算は市場コンセンサス並の水準で着地も、海外事業が大幅増益となったことで成長期待が改めて高まる形に。指数寄与度の高いファーストリテが大幅高となったことで、日経平均は約21年ぶりに21000円台を回復した。そのほか、決算を材料としてオンリー<3376>やIDOM<7599>、メディアドゥ<3678>などにも物色が向かっているようだ。

<DM>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「新品」を欲しがる自衛隊的発想、米陸軍少将が批判
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」、仮想通貨を事前販売
日産、トミカの販売中止 アクセス殺到でシステム不具合
デザインに凝ったマツダの新型車「CX-8」、一足先に六本木へ降臨(写真199枚)
アベノミクスで庶民の給料が上がらなかったワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加