ワークブース、345/25サイズを履いたワイルド・スピード出演車来襲!...東京オートサロン2018

ワークブース、345/25サイズを履いたワイルド・スピード出演車来襲!...東京オートサロン2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/13
No image

ワークのデモカー:ダッジ チャレンジャー 「ワイルド・スピード ICE BREAK」出演車両

もっと画像を見る
ドレスアップホイールのワーク(WORK)のデモカーは、シュバートレグニスとクヴェルトで武装したレクサス『LS』『GS』そしてワークエモーションCR3Pを装着したダッジ『チャレンジャー』の3台。

このダッジ チャレンジャーだが、見たことがあると思った人は、かなりの映画通だ。しかも相当なクルマ映画(というジャンルがあるのかどうかは不明)ファンだろう。というのは、このチャレンジャーは映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」に出演したクルマだからだ。

ホイールだけ、昨年リリースされたCR3Pを装着したスペシャルモデルとのこと。CR3Pは名前のとおりスリーピースホイール。ハブ、アウターリム、インナーリムの組み合わせが可能で、配色も選べるのが特徴だ。デモカ―は左右でカラーの異なるタイヤを装着していた。左サイドはシルバーを基調としたタイプ。右サイトは、リムはアルミの質感を残したシルバーにメタリックグレーのハブ。タイヤサイズは、フロントが20インチ、10.5J。255/35ZR20。リアが20インチ、14J(!)。345/25ZR20となっている。

ブース担当者によれば、インチアップホイールのトレンドは、クリアカラーだそうだ。カッパーやシルバーにしてもクリア系で下地の色や素材感を活かしたものが人気だという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
9年間で9度死にかける!? 映画史上最も不運な少年の謎に迫った『ルイの9番目の人生』
イエジー・スコリモフスキ「早春」初パッケージ化、特典にインタビュー映像
コリン・ファース、ウディ・アレンとの仕事拒否
『パディントン2』世界最高評価を獲得!その理由とは!?
【映画評】嘘を愛する女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加