4年ぶり連ドラ主演の瑛太、監督は『モテキ』の大根仁

4年ぶり連ドラ主演の瑛太、監督は『モテキ』の大根仁

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2017/08/11
No image

4年ぶり連ドラ主演 (c)TBS

風変わりな探偵“ハリネズミ”とその仲間たちが、数々の難事件に挑んでいく、弘兼憲史原作の漫画を瑛太主演でドラマ化。映画『モテキ』やドラマ『まほろ駅前番外地』の大根仁監督が手がける、こだわりや今後の注目ポイントとは─。

登場人物の紹介もあります

◇   ◇   ◇

瑛太、森田、深キョン、山口の絶妙な空気感

『ハロー張りネズミ』(TBS系 金曜夜10時~)は、“義理と人情とお節介”がモットー。誰も引き受けたがらない面倒な案件ほど引き受けたがる風変わりな探偵事務所で繰り広げられる物語。原作は『島耕作シリーズ』の弘兼憲史の’80年代の名作漫画。

瑛太が、4年ぶりに連続ドラマ主演。脚本と監督は、映画『モテキ』や『バクマン。』などの大根仁が手がけている。

制作の経緯について、韓哲プロデューサーはこう話す。

「大根さんが7~8年前から構想を練っていた作品です。扱うテーマが同じ漫画とは思えないほど多岐にわたり、飽きさせないので、連続ドラマの原作として非常に優れているということでした。

原作に倣って今作も、初回は人情もの、次に企業と政治家が絡んだサスペンスなど毎回、違った視聴感がお楽しみいただけるものになっています」

主人公の七瀬五郎を瑛太に指名したのは、大根監督。五郎が所属する『あかつか探偵事務所』のメンバーには、深田恭子、森田剛、山口智子がそれぞれ演じる。

「弘兼先生から“まったく新しい『ハロー張りネズミ』でかまわない”と言っていただいたこともあり、原作のビジュアルに似せることを最優先せず、現代の関係性だったらどういう組み合わせが魅力的か、役者さんの持つ雰囲気を重視してキャスティングしました」(韓P、以下同)

瑛太が森田と初共演するなど新鮮な組み合わせの4人だが、この4人の空気感が絶妙という。

「キャストが決まってから大根さんがあて書きしていることもあり、役に入りやすかったのではと思います。個性が強く、自分のスタイルをしっかり持っている方ばかりなので撮影の空き時間は、会話は少なく、それぞれ台本を読むなど、思い思いに過ごしています。

一見、仲が悪いように見えますが、すごく仲はいいんです。ただ、必要以上にコミュニケーションをとろうと頑張らず、適度に距離をとり、むしろ居心地よく感じていると思います。不思議な現場です。その空気感は、今作とマッチしています。

今も昔も、自分の居場所を見つけるのは、難しいものです。五郎たちのように特殊だったり事情があったりして居場所を見つけにくい人たちが、あかつか探偵事務所に集っている感じは、あの4人だからこそ画面から伝わってくると思います」

いい距離感の現場だが、山口を尊敬する深田が、しばしば山口の後ろをついて歩いているそう。

「山口さんが持っていた女優バッグというか、台本や水、タオルなどを入れる現場バッグを、深田さんが“素敵ですね”と言ったら、山口さんは、同じものをプレゼントされていました」

怪奇ものにコメディー、大対決シーンも登場!

全話の脚本と演出を手がけ、セットや小道具はもちろん、画面の隅に映るエキストラの動きまでこだわり、ときには自らカメラマンにもなる大根監督。撮影も役者が何度もアタマからラストまで芝居をする手間のかかる方法で行っているが、演技はガチガチに固めてはいないという。

「非常に柔軟性があり、こだわりを押しつけるようなことはないんです。役者さんには、自由に芝居をしてもらうことが多いですね」

そんな大根監督のこだわりのひとつが、あかつか探偵事務所の屋上で4人が集まっているエンディング。

「“明日エンディング用の映像を撮りたい”とだけ言われ、役者さんもスタッフも何をやるかわからないまま行ったんです。指示は主題歌を流して“自由に動いて”とだけ。ゆるさのある雰囲気の映像になりました。大根さんは、4人のナチュラルな空気感を撮りたかったんです」

毎回、違った見ごたえの今作。第4話(8月4日)、5話(同11日)は、夏の夜にぴったりな怪奇もの。

「かなり怖いですが、家族愛がテーマになっているので、家族で見ていただきたいです。五郎と蒼井優さん演じる霊媒師・節子のチャーミングなやりとりは、大きな見どころです!」

物語は原作がベースになっているが、後半に1話だけ、オリジナル脚本も。

「大根さんのたっての希望で、コメディーになっています。ぜひ、所長役の山口さんに注目してください。“このドラマが本当に大好き”と、いつも言ってくれて、びっくりするほど振り切った演技をしてくださいました。

今後は、瑛太さんが撮影前から頭がいっぱいだったという、(台本)20ページにもわたる、ムロツヨシさんとの対決シーンなど、驚きの見どころが満載ですので、ご期待ください」

■原作と同じ下赤塚でロケ

このドラマのロケが行われているのは、原作の舞台と同じ東京・板橋区にある下赤塚の商店街。昭和な雰囲気が残る商店街のなかに、あかつか探偵事務所もあるのだ。

「事務所内は、スタジオでの撮影もできたのですが、下赤塚に入ったとき、たまたま劇中に登場するスナックの上に、ぴったりの空間があったので、そこで撮影することに決めました。まるで、吸い寄せられたような感じです」(韓P)

酒好きの女性所長の探偵事務所らしい雰囲気は要チェック!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【独占記事】オスカー・ワイルドの小説『ドリアン・グレイの肖像』の映画化、マルチ楽器演奏者のセイント・ヴィンセントが監督へ
坂本浩一監督「強くてカッコいい女性はタンクトップ率が高い」
8月21日の注目映画第1位は『身体を売ったらサヨウナラ』
たった300人のジェダイが、6万人の中世の騎士軍に挑む!
『銀魂』中国公開決定!実写邦画作品史上最大規模にて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加