コレって飲んで大丈夫?変わり種炭酸飲料飲み比べ

コレって飲んで大丈夫?変わり種炭酸飲料飲み比べ

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/13

全国各地で急増する変わり種の炭酸飲料を10品セレクトして紹介しよう(おいしさのベスト10ではないことに注意。★は5段階の筆者の個人評価)。

●『オリーブサイダー』(谷元商会)

日本産オリーブのメッカ、小豆島でとれたオリーブの果汁が入ったサイダーで、「かがわ県産品コンクール知事賞」を受賞した、地元お墨付きのドリンク。オリーブの果汁がどんな味かは知らないが、そう悪くはないだろうという予想のもと飲んでみる。

No image

『オリーブサイダー』

味は薄くてクセがなく、しいて表現すれば「フルーティ」。ただ、リピートしたいかと言えば微妙。コンビニで販売されているメジャーな炭酸飲料との、味の面での差別化が、もう少しほしかった。

インパクト:★★
味の評価:★★★

●『醤油サイダー』(谷元商会)

小豆島特産の醤油の入ったサイダーで、インパクトは大。「全国醤油サミット」開催記念に開発されたという。カラメルで着色しており、入っている醤油の量はそれほどではないと思うが、味の点で不安を感じさせる。

No image

『醤油サイダー』

においは、意外にもトイレの芳香剤に似たものがある…。味は、まさに砂糖を溶かした薄い醤油で、ちょっと厳しいものを感じた。

インパクト:★★★★★
味の評価:★

●『ウコンサイダー』(木村飲料)

健康食品やカレーの成分としておなじみのウコン(ターメリック)の入ったサイダー。ラベルには「クルクミン30mg配合 毎日の元気の源に」と記されており、ノリはエナジードリンクに近い。ウコン自体には味はなく、メーカーサイトを見ると「柑橘風味で口あたり爽やかに仕上げました」とうたっているので、ちょっと期待できる。

No image

『ウコンサイダー』

においも味も、まずまずと言ったところだが、他の変わり種炭酸飲料に比べれば、はるかに美味しい。「ウコンでヘルシーに」と考えている人は、まとめ買いしてもよいかもしれない。

インパクト:★
味の評価:★★★★

●『ラー油風ラムネ』(ハタ鉱泉)

一時期流行った「食べるラー油」からヒントを得て開発されたラムネ。原材料には、ラー油そのものは入っていないが、香辛料でそれらしい味わいを再現しているのだろう。「ちょい辛」とラベルに記されているが、はたして……。

No image

『ラー油風ラムネ』

ひと口飲んで、なんとも形容できない味に面食らう。ラー油らしさはなく、辛くもないが、おいしくはないとは言い切れる。ラー油ファンでも、これが好きになれる人は少ないのではないか。

インパクト:★★★★
味の評価:★★

●『ハタラムネ コーンポタージュ風味』(ハタ鉱泉)

炭酸飲料とコーンポタージュという、このうえなくミスマッチ感が漂うドリンク。コーンエキスは入っておらず、どうやってコーンポタージュの風味を出しているのか、という興味はわくが、味は一切期待できないとみた。

No image

『ハタラムネ コーンポタージュ風味』

確かにコーンポタージュを炭酸で割ったような味がする! しかし、まずいのひと言。コーンなしで、ここまで味を再現した開発者の努力にはリスペクトするが、二口以上飲みたいとは思わない…

インパクト:★★★★
味の評価:★

●『ハタラムネ クリームシチュー風味』(ハタ鉱泉)

『コーンポタージュ風味』と同じメーカーによる、今度はシチュー味のラムネ。シチューの成分は原材料には一切入っていない。どのような評価になるか、なんとなく予想はつくが、恐る恐る一口だけ口に含んでみる。

No image

『ハタラムネ クリームシチュー風味』

いろんな化学調味料をかきまぜて、シチューっぽい味にした、無理やり感が相当ある。なんにせよ、これも美味には程遠い。後味が尾を引くので、勢いで飲んだら後悔するかも。

インパクト:★★★★
味の評価:★

●『かすてらサイダー』(友桝飲料)

カステラは食べるから美味しいのに、わざわざドリンクにしたところに開発者の心意気を感じる。2本パックで売られており、1本の量は95mlと、通常サイズのサイダーの1/3しかない。栓抜きで開ける王冠といい、意匠といい、どことなくレトロチックな感じのするいでたちが、飲みたい気持ちをそそってくれる。

No image

『かすてらサイダー』

においは、カステラにかなり近い。味はと言えば、どんぴしゃりではないが、カステラである。ただ、炭酸とカステラの風味はどうもマッチせず、そこが惜しい。炭酸飲料でなければ、けっこういけたのにと思う。

インパクト:★★
味の評価:★★★

●『ずんだサイダー』(トレボン食品)

「ずんだ」といえば、伊達政宗が開発したとされる、枝豆からできた甘い緑色のペーストで宮城県の名物。ずんだ餅は、全国的によく知られている。しかし、『ずんだサイダー』に入っているのは、ずんだそのものではなく、「枝豆パウダー」。嫌な予感がしつつも、飲んでみる。

No image

『ずんだサイダー』

予感は的中。風味に、ずんだらしさは微塵もなく、今まで味わったことのない不自然感のある妙なテイストが、口の中に広がった。においも変で、宮城県民でもこれを一本飲み干すのは難しいのではないか。

インパクト:★★★
味の評価:★

●『伊達サイダー』(トレボン食品)

伊達政宗をモチーフにして開発されたサイダーとのことだが、どんな風味なのかまったく予想もつかない。戦国武将のように勇ましい気持ちになるようにと、カフェインとか高麗人参エキスでも入っているのかと思ったが、原材料は「果糖ぶどう糖液糖、酸味料、香料、酸味料」のみで、それらしいものは入っていない。

No image

『伊達サイダー』

味は、まるっきり普通のサイダーと変わらなかった。もちろん、まずくはないが、なんだか損した気持ちになる。

インパクト:★
味の評価:★★

●『牛タンサイダー』(トレボン食品)

炭火焼の牛タンが味わえるという、牛タン好きにはたまらない一品(?)。ただし、原材料には牛タンエキスは含まれていない。コラーゲンが1000mg入っているが、おそらくこのフレーバーと香料でいろいろ工夫して、牛タン風味に近づけたのだろう。

No image

『牛タンサイダー』

まずにおいを確認。確かに、ほのかに牛タンが感じられる。飲んでみると、やはりどことなく牛タンの味わいがするが、先入観がそう感じさせるのかもしれない…。もし、『牛タンサイダー』というネーミングを知らされずに、飲んだら、単なる「おいしくない炭酸飲料」という印象で終わっていたに違いない。

インパクト:★★★★★
味の評価:★

協力/木村飲料株式会社

※味覚については個人差があります。あくまで筆者の感想です。

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カレーの国インドに住むヤモリ、立ってチャイを飲むことが判明
いいものは何でも吸収する!?安くて旨いセブンプレミアムのお手軽グルメ
【裏ワザ】サイゼリヤはテイクアウトできる! プロが教える「家サイゼ」が最高すぎた
らしさ全開!ほっともっとの恵方巻は“のり弁”をイメージした「のり弁巻」など
ダイエット中でも心おきなく食べられる! 「糖質オフ麺」って知ってる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加