たけし、新アパレルブランド立ち上げ!自身の絵をデザインに

たけし、新アパレルブランド立ち上げ!自身の絵をデザインに

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/05/18
No image

自身がプロデュースする新アパレルブランド「KITANOBLUE」を発表したビートたけし

ビートたけしがプロデュースする新アパレルブランド「KITANOBLUE」の発表会が17日に都内で行われ、たけしが出席。アーティストとしてこれまで自身が発表してきた絵を使用したのが特徴で、コマネチのシルエットを使用したTシャツなどを発表した。

本ブランドは、多くの人にたけしの感性を身近に感じられるよう、たけしの絵を使用したTシャツやグッズなどを展開する内容で、生地や素材にこだわり、和テイストを取り入れた粋で大人向けのブランドになっているという。カジュアルウェア、ゴルフウェアのほかベルトやバッグなど小物も取り扱う。

No image

株式会社GONZOの代表取締役でたけし軍団の無法松と、たけし

発表会冒頭には、ブランドを手掛ける株式会社GONZOの代表取締役で、たけし軍団の無法松が登壇。ブランド立ち上げのいきさつについて、「師匠の家で食事をした時に、どうしても師匠の家に飾られている絵が欲しくて。かたっぱしから褒めたら一枚くらいもらえるかと思って褒めていたところ、『そんなに好きだったらアパレルでこれを使って発売したらどうか』と言われまして」と説明。

その後、プロデューサーとしてたけしが登壇するも、たけしは「プロデューサーとして紹介されましたが、プロデューサーって何をしたらいいのか聞いていたところでございます。よく意味がわかりません」とユーモアたっぷりにあいさつ。

たけしの代名詞ともいえるコマネチをシルエットにしたTシャツもあるが、たけしは「コマネチと言うと(元ネタの)コマネチに金をとられちゃうので、あの格好をおまえにあげるよと。『KITANOBLUE』をやってとにかく儲けろと。それだけのことです。わたしは一切関与しておりません」とボケ倒し、さらに世間を騒がせた詐欺事件を挙げるきわどいジョークで会場を爆笑に包んだ。(取材・文:中村好伸)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
西城秀樹さん告別式 “妹”石川秀美が涙...夫の薬丸が明かす
小籔千豊、日大学長が落ち着いている理由を分析 納得の声が相次ぐ
玉木宏がシワシワに...!? 超美形だったのに、劣化した男性芸能人4人「おばさんみたいな顔」
温泉モデル・しずかちゃんの生態に指原莉乃「テレビに出ていい人なんですか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加