志田彩良、長編初主演作公開に満面の笑み 家族も知らない“秘密”を告白

志田彩良、長編初主演作公開に満面の笑み 家族も知らない“秘密”を告白

  • 映画.com
  • 更新日:2017/09/16
No image

満面の笑みを浮かべる志田彩良

新鋭・澤田サンダー監督の商業映画デビュー作「ひかりのたび」が、東京・新宿K's cinemaで封切られ、澤田監督のほか、主演の志田彩良、共演の高川裕也瑛蓮、杉山ひこひこ、萩原利久鳴神綾香が同館での舞台挨拶に出席した。長編映画初主演を飾った志田は「さっきまで公開初日という実感が湧かなかったんですけど、今はじわじわと湧いてきて、すごくドキドキしています。たくさんの方にこの作品が届くんだと思うと、嬉しい気持ちでいっぱいです」と満面の笑みを浮かべていた。

群馬県・中之条市を中心に撮影が行われた本作は、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015中編の部大賞受賞作。外国人に日本の土地を“売り飛ばしてきた”不動産ブローカーの父・植田登(高川)と、各地を転々としたことで失われた“故郷”を思う高校生の娘・奈々(志田)の物語を、オールアフレコ&モノクロ映像で描いている。

「一生忘れられない作品」と本作を説明した志田に同調するように、高川は「脚本の第1稿を読んだ時、打ちのめされるような衝撃を受けたんです。きっといい映画になると確信した」と澤田監督の才能を絶賛。「脚本のなかに気に入ったト書きがありまして『風が吹いて、その風を形づくるように、稲穂が倒れる』というもの。そこで“電気”が走った」と話すと、澤田監督はいくつかのシーンを高川のアドバイスによって流れを変更したことを明かした。だが、高川はその事実をド忘れしていたようで「そうなの?」と驚きの表情。澤田監督の「そうですよ!」というツッコみを受け、「どうも、脚本協力の高川です」と挨拶し、場内の笑いを誘っていた。

やがて、本作が“父の秘密”をひとつのテーマにしていることから、それぞれの秘密を明かすことに。「家族への秘密です」と口火を切った志田は「少し前に洗濯機が壊れてしまって、新しいものが家に届いたんです。普段洗濯機の上にヘアワックスを置いて、髪の毛をセットしているんですけど、中に落としてしまって…。洗濯機がべとべとになってしまったんです。でも、買い替えたばかりで、家族にバレたら大変だと思って、急いで大掃除。未だにバレていないんですけど、ちゃんと謝らないと」と初々しさ満点のエピソードを披露していた。

一方、高川は「撮影の準備期間、志田さんのことを歌っているような曲が見つかったです。レコードだったら擦り切れるほど、毎日何回も聴いていましたね。ただ、その曲は恥ずかしいから秘密です(笑)」と澤田監督も知らなかった役づくりを告白。「イノセント15」で注目を浴び、本作で奈々の同級生・狩野公介を演じた萩原は「ずっとわさびが食べれなくて。高校も卒業したし、友達といる時とか恥ずかしいので、自分のなかで『克服した』ということにした。でも全然できてない。見栄張ってます(笑)」と語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キャスキッドソン×ピーター・パン♡CUTEなコラボアイテム発売
なぜカドカワは"U30"にとことん強いのか
【ディズニー】2018年はよりリーズナブルに!「キャンパスデーパスポート」発売
『民生ボーイと狂わせガール』大コケ!!  「妻夫木が痛すぎる」「水原にドン引き」と酷評の嵐
村上虹郎「森達也監督は面白い」。早見あかりの恐怖体験ほか撮影秘話を明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加