猫の大好物を知って「もしも」に備える

猫の大好物を知って「もしも」に備える

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07

■連載/ペットゥモロー通信

人の健康ブームに合わせて、飼い猫の健康を気にする人も増えているようですね。ペットフードなども「オーガニック」や「自然食」といった言葉が目立つようになりました。中には、猫の体に良いもの以外は与えたくない、と徹底している飼い主さんもいるようです。

もちろん、大切な猫に健康で長生きしてもらうために工夫することは悪いことではありません。ただ、猫の大好物を知っておくと、もしも、のときに役立つかもしれません。健康第一は当たり前ですが、何げない日常の中で、「うちのコ」がどんな食べ物が好きなのかいろいろ試して知っておくことはとても大切で、その好物を探す行為も猫との楽しいコミュニケーションの一つだというお話を今回はしたいと思います。

No image

「あなたの猫の大好物は何ですか?」

そう聞かれたときに思い浮かべるものはありますか? 液体状のおやつ、猫缶、にぼし、チーズなど即答できた人、「猫には総合栄養食のキャットフードしか与えていないのでわかりません」という人、どちらもいると思います。中には野菜が好き、無糖ヨーグルトが好きなど、変わった好みを持っている猫ちゃんもいるかもしれません。

ちなみに、うちの猫(オス/7歳)は、白いご飯が大好き。ガスコンロでご飯を炊いたときに、鍋の周りに吹きこぼれたパリパリっとした部分も大好きで、ご飯を炊くと周りをうろうろして、隙を見てはお鍋に顔を突っ込もうとしています。ほかにも、液体状のおやつなど好きなものがたくさんあります。

家出をしてしまったときは大好物の香りで呼び寄せる

例えば、猫が家出をしてしまったとき。普段は外に出していない猫でも、窓の隙間から、来客の際にドアから出てしまったことや、マンションの隣の家のベランダにお邪魔してしまう、動物病院に行く際にキャリーケースから逃げ出してしまうなど、思わぬことから、猫の捜索隊を結成する羽目になることもあります。

そんなときに、活躍するのが大好物。猫が脱走した場合は、近くの物陰に身を潜めていることが多いので猫の大好物の匂いを振りまくことで、猫が香りにつられて戻ってくることがあります。こういった一大事のときは、猫の大好物を知っておくことが大きなポイントになります。

No image

体調が悪くてご飯が食べれず、少しでも食べて体力をつけてほしいときに

体調が悪く、普段の食事を全く食べないときも、大好物が役に立つことがあります。もちろん、猫の体に異変が起こったら、すぐに動物病院に連れて行くことが大前提ですが、特に問題がなかったときは、少しでも食べて体力をつけてほしいと思いますよね。

私たちも幼い頃に、風邪を引いて何も食べられないというときに、親にプリンやアイス、ヨーグルトなど大好物をもらった経験、ありますよね?

また老衰、手の施しようのない病気などで、日に日に体力が落ちていき普通のご飯が食べられなくなってしまったときも、もしかしたら、大好物には反応してくれるかもしれません。そのときに、猫の大好物を知っていて、食べさせてあげられることで、猫とコミュニケーションが取れたとしたら、飼い主にとっても心のよりどころになるのではないでしょうか?

もちろん、大好物だからといって、何でも与えていいわけではありません。中には中毒を引き起こすような猫の体に害になる食べ物もあるので、注意が必要です。けれど、猫の体に特に害がないものなら、大好物は猫とのコミュニケーションづくりにとても役立つものではないでしょうか。

何気ない日常の中で猫の大好物を探すこと。それ自体も、猫と今よりも親密になれる第一歩です。「あなたの猫の大好物はなんですか?」。この質問に答えられる飼い主になることを目指して、猫との生活を楽しみましょう。

文/佐藤玲美

構成/ペットゥモロー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「死ぬときに人はどうなる?」現役医師に聞いた
ローラの人間離れした究極ボディが凄い!あの新CMが解禁!
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
【検証】ユニクロの防風暖パン『ブロックテックスリムフィットチノ』だけで真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
レンガの地面に雪が降った結果→「えっ、なんでこんなことが起きるの?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加