DeNAは痛恨連敗、無死満塁に逸機「勢いは相手のものになる」

DeNAは痛恨連敗、無死満塁に逸機「勢いは相手のものになる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

2回、先制ソロを放った広島・松山を見つめるDeNA・ラミレス監督

「広島5-4DeNA」(14日、マツダスタジアム)

DeNAは接戦で敗れ、痛恨の連敗となってしまった。

相手の勢いに完全にのみ込まれた。勝負どころであと1本が出ない。必死の代打策も実らなかった。4-4の八回無死満塁。「今一番当たっている」とラミレス監督が、期待を込めて送った代打・乙坂が二ゴロに倒れた。続く代打・後藤も空振り三振に仕留められ、1点も奪うことはできなかった。その直後に勝ち越しを許し、「ノーアウト満塁で点が取れないと、勢いは相手のものになる」と指揮官は嘆いた。

大事な試合で先発を託した今永は初回こそ打者3人で抑える上々の立ち上がりだった。だが二回以降につかまり、5回を7安打4失点で降板した。左腕は「初回の立ち上がりが良かったために、同じリズムで投球してしまいました。今日は要所で冷静になることができず、気持ちのコントロールがうまくできませんでした」と反省した。

DeNAは、16日から敵地で1ゲーム差の3位・巨人と2連戦を行う。「3位攻防戦で非常にエキサイティングなものになると思います。多くの人が注目して多くの人が楽しみにしていると思う。われわれも楽しみにしています」。ラミレス監督はポジティブに語って前を向き、必勝を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日立製作所・鈴木に10球団視察 ロッテ・スカウト「素材は間違いない」
【隠しマイク】ラミレス監督 G球団1万号達成者を予想「彼は“持っている”」
大谷翔平、メジャー移籍濃厚 日ハムはなぜアッサリ手放すのか
【イップスの深層】 給料0円でも、一二三慎太が再び投手に挑むわけ
ホークス戦で小久保直紀が国歌独唱 侍ジャパン前監督裕紀氏の長男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加