ロシアW杯での「VAR」採用に追い風? “先進国”イタリアでは好影響を示すデータも

ロシアW杯での「VAR」採用に追い風? “先進国”イタリアでは好影響を示すデータも

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/04/24
No image

依然として批判的な意見が多い「VAR」だが、今シーズンから導入しているイタリアでは、一定の成果が出ているようだ。 (C)Gstty Images

4月23日、セリエAの各クラブの幹部や監督、選手たちが、審判団との年次総会に臨んだ。イタリア・サッカー連盟(FIGC)によると、審判部門責任者のニコラ・リッツォーリ氏が発表した33節までのデータからは、今シーズンから試験導入されたビデオアシスタントレフェリー(VAR)の好影響がうかがえたようだ。

昨シーズンと比較し、セリエAではファウルが8.8%、退場が6.4%、警告が14.7%の数がそれぞれ減少。抗議による退場は、昨シーズンの11回に対してわずか1回に留まっている。PKの数は4.3%増となったが抗議の数は19.3%減。シミュレーションに至っては、43%も減ったという。

すべてがVAR導入による効果とは言えないだろうが、少なからず影響していると考えられる。
そのVARだが、イタリア国内での346試合(セリエA=330試合、コッパ・イタリア=16試合)で計1736回の「チェック」を記録。内訳は、ゴールに関するものが916回、PKに関するものが464回、退場に関するものが356回で、実際に判定が修正されたケースはそのうち105回だった。その結果、ミスジャッジはわずか17例に留まり、試合の結果に影響するほどのミスは8例しかなかった。

VARに否定的な意見のひとつとして、「時間が止まりすぎること」が挙げられる。しかし、リッツォーリ氏によると、実際のプレー時間は昨シーズンと比べても平均で43秒しか増えていないという。

判定にかかる時間も、開幕から3節までは平均で1分22秒を要したが、その後は31.5秒まで縮まった。判定が覆ったケースも、同じく3節までは平均2分35秒かかったものの、4節以降の平均時間は1分22秒(VAR32秒+オンフィールドレビュー50秒)となっている。

もちろん、VARがすべての問題を解決するわけではなく、課題も少なくない。プレミアリーグは来シーズンからの導入を見送り、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長も、チャンピオンズ・リーグへの導入は時期尚早としている。

一方で、FIFAはロシア・ワールドカップでのVAR採用を決め、賛否両論を呼んだ。セリエAでのデータは、少なくともW杯での採用には追い風と言えるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
被害選手の父親が毅然と会見 「つぶせ、壊せ、殺せと息子に言われたら、どの親も起こる!」
橋下徹「日大アメフト対応はなぜ最悪か」
「アップで撮らないで」日大選手会見のテレビ中継に批判殺到
【日大アメフト部“悪質タックル”問題】大学イメージにも大打撃!「スポーツ日大」権威失墜で入学希望者激減か
【炎上】日大アメフト宮川泰介選手が極悪な大人たちの実情を暴露「違反行為の指示を断れなかった」「追い詰められていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加