ドルトムント-ライプチヒは安全か?昨季負傷者多数

ドルトムント-ライプチヒは安全か?昨季負傷者多数

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

勝利し喜ぶドルトムントの選手ら(2017年9月20日撮影)

ドルトムントは14日にライプチヒと対決するが、このトップゲームはどれだけ安全なのだろうかと、12日の独紙ビルトが報じた。昨シーズン2月に行われた同カードでは、ドルトムントのフーリガンがライプチヒを追いまわし、石を投げたり暴力を振るわれたりで負傷者が出ていた。そのため、その次のホームゲームのウォルフスブルク戦ではゴール裏立ち見席すべてが封鎖される処罰が下された。

ドルトムントのウルトラスは14日にアンチ・ライプチヒの行進をすると呼びかけている。代表のエドツァルト・フライホフは「すべて準備している!」とコメント。前回は237人の警官隊が警備にあたったが、今回は約1000人に増強。ライプチヒ側は8000枚のチケットが割り当てられていたが、ドルトムント入りするファンは3500人とされている。

ライプチヒファンの1人オリバー・ハエゼさんは「僕はあの試合に友達とドルトムントにいた。ビールをかけられ、マフラーとニット帽を盗まれた。もうこりごりだよ。もう1度は必要ない」とコメント。

ライプチヒのチームはセキュリティー会社シールド・セキュリティーにガードされてスタジアム入りする。シールド・セキュリティー社はドイツ代表もガードしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カシージャス 美人妻でも完敗
サッカー史に残る「爆笑PK」がタイで炸裂 / クロスバーに弾かれたボールがスピンして...
希望・小池代表 パリで敗戦の弁 「排除発言」で失速
川崎F谷口は「顔もプレーも弱点なし」と同僚も白旗
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加