ラインスピリットがゴール前で差し切りV/淀短距離S

  • netkeiba.com
  • 更新日:2018/01/13

13日、京都競馬場で行われた淀短距離S(4歳上・OP・芝1200m)は、2番手でレースを進めた森一馬騎手騎乗の5番人気ラインスピリット(牡7、栗東・松永昌博厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る1番人気アクティブミノル(牡6、栗東・北出成人厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分8秒8(良)。

さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気ベルディーヴァ(牝6、栗東・斉藤崇史厩舎)が入った。なお、3番人気グレイトチャーター(牡6、栗東・鮫島一歩厩舎)は4着、2番人気ダイシンサンダー(牡7、栗東・須貝尚介厩舎)は8着に終わった。

勝ったラインスピリットは、父スウェプトオーヴァーボード、母リボンストライプ、その父トニービンという血統。通算40戦目のレースを勝利で飾った。

【勝ち馬プロフィール】
◆ラインスピリット(牡7)
騎手:森一馬
厩舎:栗東・松永昌博
父:スウェプトオーヴァーボード
母:リボンストライプ
母父:トニービン
馬主:大澤繁昌
生産者:藤原牧場
通算成績:40戦8勝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『99.9』、木村文乃に「イラつく」「邪魔」と批判殺到...演技がコントみたいで興醒め
セブンの惣菜、ファミマと食べ比べると「ここまで差が出るか」というほど美味しい謎
【ギンギン】新商品「夜のペヤング」を食べてみた結果 → ごめん、ちょっとなに言ってるかわからない
松本潤が葵つかさと「結婚」前提の交際再開へ
ラッパーUZI、大麻所持の疑いで逮捕 「フリースタイルダンジョン」も放送中止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加