H-IIAロケット35号機現地取材 - 打ち上げはどこで見る? 新しくなった恵美之江展望公園をチェック

H-IIAロケット35号機現地取材 - 打ち上げはどこで見る? 新しくなった恵美之江展望公園をチェック

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/08/11
No image

せっかく種子島まで来たら、なるべく近くからロケットの打ち上げを見たい――そんな風に思う人も多いだろう。そういうときにオススメなのが、公式見学場の1つ、「恵美之江(えびのえ)展望公園」だ。整備工事を行っていたため、しばらく利用できなくなっていたのだが、今年から再オープン。どのように変わったのか、早速様子を見てくることにした。

個人的には、ロケットの打ち上げはその場の雰囲気を楽しむものだと思っているので、あまり距離にはこだわらないのだが、恵美之江展望公園の最大の特徴は、とにかく射点に近いということである。その距離は約3km。打ち上げ時には射点から半径3km以内は立ち入りが許されないので、本当にギリギリから見ることができるわけだ。

以前は、ただスペースを用意しただけの感じであったが、本格的な整備により、かなり快適さが向上した印象。敷地は芝生で覆われており、常設のトイレも用意された。待ち時間が長くても安心だろう。打ち上げ時には、もちろんカウントダウンも放送されるので、うっかり見逃す心配は無い。

この恵美之江展望公園、近いのは良いのだが、ほかの見学場に比べて、キャパシティが小さい点には注意して欲しい。駐車場は、臨時も含めて約130台。人気のため、すぐに埋まってしまう可能性もあり、せっかく行ったのに入れない、ということもあり得る。最新状況については、以下のWEBサイトなどで確認すると良いだろう。

南種子町HP

南種子町宇宙開発推進協力会事務局(Facebook)

南種子町宇宙開発推進協力会HP

なお、ほかの見学場の様子については、以前、コチラの記事で簡単にまとめたので参考にして欲しい。長谷公園も宇宙ヶ丘公園もそれぞれオススメの見学場なので、うまく選んで楽しんでもらえればと思う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「後ろの座席から女性の足が見えているんだけど...どうすべき?」飛行機で遭遇した珍事
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
世帯年収430万円で"80万円改善"した方法
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加