日産自動車、銀座でロボットアームを使ったティザーキャンペーン開催

日産自動車、銀座でロボットアームを使ったティザーキャンペーン開催

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13
No image

日産自動車は、銀座のNISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)にて、東京モーターショーのティザーキャンペーン「Mill the dream, form the future. / 想いを刻め、未来を創れ。」を開催すると発表した。開催期間は11月5日まで。

同イベントでは、一般公開が10月27日~11月5日に行われる「第45回東京モーターショー2017」に先立ち、未来のモビリティをテーマにしたインスタレーションを行うもの。同インスタレーションでは、日産デザインの中枢であるグローバルデザイン本部が持つ、デザイン開発におけるノウハウを、産業用ロボットアームを用いて表現するという。

NISSAN CROSSINGの開館時間である10:00~20:00は、産業用ロボットアームがリアルタイムに作品の製作を行い、東京モーターショーにて発表予定の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したコンセプトカーの姿を少しずつ明らかにしていく。また、閉館後の夜間はロボットアームとレーザービームを用いたライティングショーを観ることができる。さらに、10月25日には、NISSAN CROSSINGにて東京モーターショー会場を中継し、モーターショー会場と同時にコンセプトカーのアンベールを行うということだ。

なお、同企画は、川崎重工業とのコラボレーションにより実現したものとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤマハが農業を変える? ドローン参入、無人ヘリ30年のノウハウ活かし
神戸製鋼「社員向け」掲示板が「阿鼻叫喚」 「娘がいるんだ!」「家のローンが!」
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
神戸製鋼、日産自動車...なぜ、企業の不祥事は起こるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加