【KATIM】職人技とデザインが融合した現代女性の強い味方!

【KATIM】職人技とデザインが融合した現代女性の強い味方!

  • SPUR
  • 更新日:2018/02/14
No image

KATIM
2016年春夏よりスタートしたKATIM。その機能的で美しい靴にファンも多い。デザイナーの小坂英子さんは「ファッションで唯一痛みを伴うのが靴ですよね」と語る。「私自身もヒールで足が痛んだ経験があって。まずその骨組みを学ぶため整形外科の学校に通い、国家資格も取得しました。そして集めた日本人の足型のデータをもとに、木型と型紙を企画したんです」と構造からこだわる徹底ぶり。その傍ら熟練の職人の力を借り、効果的で新しいデザインも追求。たとえば代表的な「SCALA」というモデルは張り出したソールが安定感と歩きやすさを生み、見た目のアクセントにも。素材の選び方や細部の処理に至るまで機能美と造形美の融合を考えている。「普遍的で現代女性のライフスタイルに寄り添うことを大切にしています」

No image

PROFILE
こさか えいこ●国内ブランドの生産管理や海外デザイナーアシスタントを経てブランドをスタート。現在は既製のラインと手縫いのMADE TO ORDERの2ラインを展開している。

SOURCE:SPUR 2018年3月号「笑う門には春靴来たる SMILEY SHOES JOURNAL」
photography:Yoshio Kato styling:Mayu Yauchi, Michie Suzuki

「SMILEY SHOES JOURNAL」特集TOPに戻る(外部サイト)

No image

踵にはハンドステッチの編み上げが施され後ろ姿も美しく。パンプス「SCALA」〈ヒール7.5㎝〉¥48,000

No image

裏地は切り替えずに一枚革で仕立ててやさしい足あたりを実現。パンプス「MILL」〈ヒール3.5㎝〉¥49,000/KATIM Inc. (KATIM) 03-6303-4622

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大東建託が「ブラック企業」と呼ばれそうな、これだけの理由
セックスレスと束縛がきっかけで... AVデビューした主婦・黛あおに直撃
レスのきっかけは出産?本音炸裂 ママたちの営み事情
娘は親のもの? 「30歳を過ぎている娘」に過保護な親がした最低行動3選
池袋東口が“巨乳女子の聖地”に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加