王者ナダル 歴代最多31勝目

王者ナダル 歴代最多31勝目

  • tennis365
  • 更新日:2018/04/23
No image

3連覇と11度目Vを飾ったナダル : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は22日、シングルス決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク36位の錦織圭を6-3, 6-2のストレートで下して3連覇と史上初の同一大会11度目の優勝を飾ると同時に、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」でN・ジョコビッチ(セルビア)を抜き歴代最多の31勝目をあげた。

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

>>錦織らバルセロナ対戦表<<

この試合、ファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得したナダルは、錦織に1度しかブレークを許さず、1時間33分で今季初優勝とキャリア通算76勝目を飾った。

世界ランク1位のナダルは、昨年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)でマスターズ30勝目をマーク。それまで単独でマスターズ歴代最多優勝記録を保持していたジョコビッチに並んでいた。

モンテカルロ・マスターズに14年連続15度目の出場となったナダルは、初優勝を飾った2005年から2012年にかけて前人未踏の8連覇を達成。昨年は決勝でA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を下して2連覇とオープン化以降初となる同一大会で10度の優勝を飾る偉業を成し遂げた。

今シーズンは1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で膝のけがから復帰したが、M・チリッチ(クロアチア)との準々決勝を途中棄権。その後は再びツアーを離れていたが、4月上旬の国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ準々決勝 スペインvsドイツ(スペイン/バレンシア、レッドクレー)ではスペインのエースとしてシングルスで2勝をあげ、母国の4強入りに大きく貢献した。

今大会は初戦の2回戦で世界ランク58位のA・ベデネ(スロベニア)、3回戦で同38位のK・カチャノフ(ロシア)、準々決勝で第5シードのD・ティーム(オーストリア)、準決勝で第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を破って決勝まで勝ち上がった。23日発表の世界ランキングでは1位をキープすることが決まっている。

一方、2016年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来4度目の「ATPマスターズ1000」決勝進出を果たした錦織だったが、惜しくも初優勝とはならなかった。

また、ナダルは23日に開幕するバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー 、ATP500)に第1シードで出場。初戦の2回戦では世界ランク75位のR・カルバレス バエナ(スペイン)と同418位のA・ハイデル=マウアー(オーストリア)の勝者と対戦する。

第14シードの錦織は、初戦の2回戦で世界ランク43位の杉田祐一と同68位のG・ガルシア=ロペス(スペイン)のどちらかと顔を合わせる。

4月15日開幕の男子テニス モンテカルロ・マスターズをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信中。

【配信予定】
2018年4月15日(日)〜4月22日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スビトリーナがイタリア国際連覇、女王ハレプは全仏前に負傷か
珍事 ラケットが真っ二つに
【5月20日ローマまとめ】ナダルが5年ぶり8回目の優勝を果たす。女子はスビトリーナが2連覇達成
ナダル 恵みの雨で5年ぶりV
【速報】ナダルがズベレフを撃破し5年振り8度目の優勝。世界1位返り咲きへ[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加