小池知事 所信表明で都議会との対決姿勢

小池知事 所信表明で都議会との対決姿勢

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

東京都の小池知事は1日から始まった東京都議会の定例会で所信表明を行い、議会との対決姿勢を示した。

1日午後から始まった所信表明で小池知事は、都議会の各会派が予算の増額などを要望でき、これまで長年継続されてきた、「政党復活予算」の廃止を改めて表明し、議会との対決姿勢を示した。

小池知事「現状維持は衰退であるという言葉は多くの方々に語られています。改革を進める意欲あふれる皆様と共に歩んでまいりたいと思います」

「政党復活予算」の廃止については、都議会自民党が「議会軽視だ」などと抗議している。

一方、東京オリンピック・パラリンピックの会場見直しについては、先月29日に行われたIOCなどとの4者によるトップ級会談の結果を報告した。小池知事は議会終了後、先送りにされたバレーボール会場の結論の時期について「クリスマスイブよりは前」とする考えを明らかにした。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「休眠預金」担当大臣に加藤1億総活躍担当大臣
プーチン露大統領への秋田犬贈呈かなわず
終盤国会、再延長なし 民進、IR法案は内閣委で採決せず 与党、参院内閣委員長解任か
朴氏「弾劾」可決...背景は?国政に影響は?
【TPP成立】発効は厳しいが... 農業改革は急務 実効性の確保が課題

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加