「メッシは異星人。私の2倍ゴールを決める」。アルゼンチン歴代2位のバティ氏

「メッシは異星人。私の2倍ゴールを決める」。アルゼンチン歴代2位のバティ氏

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/13
No image

元アルゼンチン代表のガブリエル・バティストゥータ氏【写真:Getty Images】

元アルゼンチン代表FWのガブリエル・バティストゥータ氏は、自身の保持していた同国の最多得点記録をリオネル・メッシに破られたことは悔しいという正直な思いを語った。アルゼンチン『テレフェ』のインタビューに答えている。

1991年から2002年までアルゼンチンのエースストライカーとして活躍したバティストゥータ氏は、通算77試合の出場で54ゴールを記録。ディエゴ・マラドーナ氏の34得点を上回ってアルゼンチンの歴代最多得点者となった。日本代表が初めてワールドカップ(W杯)に出場した1994年大会の初戦で日本から決勝点を奪った選手でもある。

だがメッシは昨年6月、コパ・アメリカのアメリカ戦でバティストゥータ氏を上回る通算55ゴール目を記録。現在ではその数字を61点にまで伸ばしている。

バティストゥータ氏はメッシに記録を抜かれたことについて振り返り、「少しどころではなく、かなり不満だ」と本音でコメント。「どうでもいいようなことではなかった。世界中のどこへ行っても、『アルゼンチンの歴史上最高の点取り屋』だと言われていたのだからね」と語った。

現在30歳のメッシは、さらに大きく記録を伸ばしていくとバティストゥータ氏は考えている。「私の2倍は決めるだろうね。信じられないよ。私にとって唯一の良いことは、“異星人”の次に続いているということだけだ」と同氏はメッシを称えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「日本の教育は世界一」...鹿島MFレアンドロ、母国メディアに残留希望を明かす
日馬富士だけじゃない! スポーツ選手の“酒で大失態”伝説
中国のサッカー記者が日本人審判を絶賛!「われわれは感謝すべき」―中国メディア
「イカルディは来季レアルでプレーする」。元清水・マッサーロ氏が断言する理由は...?
レアル まさかのゴール祭り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加