ウォン・カーウァイ監督作「恋する惑星」「ブエノスアイレス」など3作を夜通し上映

ウォン・カーウァイ監督作「恋する惑星」「ブエノスアイレス」など3作を夜通し上映

  • ナタリー
  • 更新日:2018/01/12

「Directed by ウォン・カーウァイ」と題したオールナイト上映が、1月20日に京都・京都みなみ会館にて行われる。

No image

「恋する惑星」 (c)1994, 2008 Block 2 Pictures Inc. All Rights Reserved.

すべての写真を見る(全4枚)

No image

「Directed by」シリーズは、1人の映画監督の作品を夜通し上映する企画。第7弾となる今回は、香港の作家ウォン・カーウァイを特集する。ラインナップには、1990年代に発表された3作「恋する惑星」「天使の涙」「ブエノスアイレス」が並んだ。

前売り券は劇場窓口、Peatix、チケットぴあにて販売中。なお同じくウォン・カーウァイ監督作「欲望の翼」のデジタルリマスター版が、2月より東京のBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開される。

Directed by ウォン・カーウァイ

2018年1月20日(土)京都府 京都みなみ会館
開場 23:30 / 開映 23:45 / 終映 翌5:35(予定)
<上映作品>
「恋する惑星」
「天使の涙」
「ブエノスアイレス」
料金:前売り券 2400円 / ペア割前売り券 4200円 / 当日一般 2700円 / 当日学生 2400円
※18歳未満入場不可

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブルース・リーがライトセーバーで戦うとこうなる
【衝撃】タイムトラベラーが西暦6000年に撮影した未来写真が公開される! 4000年後は想像を絶する“バラ色の世界”だった!?
松坂桃李主演、R-18指定映画の特報解禁でファンに衝撃「めっちゃ観たい」「相当過激」「予告がもうやばい」
真木よう子、井上真央、桜庭ななみ...美人3姉妹役 日韓コラボ舞台を映画化
“大人の” 東京ディズニーシーに「ピクサー」キャラ大集合のなぜ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加