Apple、NBAケビン・デュラントの生い立ちに基づく番組を制作

Apple、NBAケビン・デュラントの生い立ちに基づく番組を制作

  • TechCrunch
  • 更新日:2018/02/14
No image

現在ウォリアーズはNBAウェスタン・カンファレンスのトップを走っているが、どうやらケビン・デュラントはコートの外でもひっぱりだこの様子だ。一月ほど前YouTubeは、このスター・スモールフォワードのビデオ会社と提携して、オリジナルのスポーツ番組を提供すると発表した。そしてこのほどAppleも、行動に移した。

本日(米国時間2/13)Appleは、デュラントのビデオ会社、Thirty Five MediaおよびImagine Mediaと提携して、新しいスクリプテッド・シリーズを制作すると発表した。レギー・ロック・バイザウッド(「ノートリアス・BIG」、「ゲット・オン・ザ・バス」)が脚本と監督を務める新作Swaggerは、デュランの若き日の人生に基づいている。

「Imagine Entertainmentとともにこのプロジェクトに取り組めることは、われわれThirty Five Mediaにとってまたとないチャンスだ」とデュラントが発表リリースで語った。「この会社は業界で大変尊敬されている存在であり実績も申し分ない。バイザウッド監督と組むことで、このアイデアに息を吹き込むすばらしい仕事をしてくれるだろう」

デュランにとって今月2度目の大物メディアとの契約となるが、Appleのアプローチは、スポーツとドキュメンタリーの短編を中心とするYouTubeとの提携とは大きく異なっている

また、これは台本のあるオリジナルコンテンツを最近積極的に推進しているAppleによる、最近の一連の発表に続くものだ。ほかにはリース・ウィザースプーンをプロデューサーに迎えた2作品や、「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督のシリーズ作品、スティーブン・スピルバーグ監督の80年代の名作「世にも不思議なアメージング・ストーリー」のリブート版などがある。

もちろん上記のいずれもまだ放映されていないが —— そしてAppleは、NetflixやHuluにどう立ち向かうつもりかをまだ明らかにしていない —— 、「カープール・カラオケ」や「Planet of the Apps – アプリケーションの世界」のあとだけに、およそどんなものでも正しい方向への一歩に思えてくる。

果たして同じNBAプレーヤーのレブロン・ジェームズがプロデュースした「ハウス・パーティー」のリメイクとどんな勝負になるか注目したい。このウォリアーズ/キャバリアーズのライバル対決はこれからヒートアップするところだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook )

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「おかあさんといっしょ」初の映画化に「2年遅かった」の声が出るワケ
巨大怪獣軍団とガチバトル!ロック様が日本語で『ランペイジ 巨獣大乱闘』を激烈アピール
『ランペイジ 巨獣大乱闘』公開日決定 ドウェイン・ジョンソンのコメント付き特報も
美少女人魚たちのストリップショーに目が釘付け!! 背徳感溢れる官能系ミュージカル『ゆれる人魚』
中国で大ヒット中!映画「空海ー」荘厳美麗な世界に酔いしれる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加