埼玉の「ムーミンバレーパーク」に行ってきた! 楽しいだけじゃなく人生訓まで教えてくれる懐の広いテーマパークでした

埼玉の「ムーミンバレーパーク」に行ってきた! 楽しいだけじゃなく人生訓まで教えてくれる懐の広いテーマパークでした

  • Pouch
  • 更新日:2019/03/22
No image

日本にもファンが多い北欧生まれのキャラクターといえば、やっぱりムーミン。そんなムーミンの物語をテーマにした「ムーミンバレーパーク」がついに埼玉県飯能市に完成しました!

2019年3月16日のオープンに先駆けて招待していただいたので、どんな世界が広がっているのかレポしますねー!!!

【ムーミンの仲間たちのフォトスポットがお出迎え】

さて、池袋駅から電車で約50分、さらにバスを乗り継いでやってきた「ムーミンバレーパーク」。以前、当サイトでレポートした「メッツァビレッジ」の入口から約15分ほど奥へ進んだエリアにあります。

No image

森や湖を眺めながらのんびり歩いていくと、さっそくムーミン一家とその仲間たちをかたどった可愛いフォトスポットが出現。カフェやショップの先に広がっているのは……

No image

森に囲まれた空間に小川が流れ、パステルカラーの小さな建物が点々と立つのどかな世界でした!

【細部にまでこだわったムーミン屋敷】

ムーミンの物語を体験できるアトラクションやレストラン、ショップなどがあるのですが、一番目を引くのは「ムーミン屋敷」。

絵本からそのまま抜け出してきたようなムーミン屋敷の外には洗濯物がはためき、今にもドアからムーミンが飛び出してきそうなファンタジーにあふれる雰囲気です。

No image

屋敷の中は、キッチンやリビング、ムーミンパパ&ママの部屋、ムーミンの部屋などを細かい部分いまでこだわって再現されています。

No image

テーブルにできたての食事が並んでいたり、ムーミンの描きかけの絵があったり、ムーミンママが肌身離さず持ち歩いているバッグがベッドの上に置いてあったり……と、ムーミン一家の暮らしの息遣いが伝わってくるようでした。

No image

驚くことにこの屋敷の中にあるインテリアはどれもフィンランドを中心にヨーロッパで買い付けたものなんだそう。「ムーミンママならこんな絵を飾りそう」なんて想像しながらぴったりのアイテムを探してきたというから、そのこだわりとムーミン愛に脱帽です。

No image
No image

【トーベ・ヤンソンとムーミンがもっと身近に】

また、ムーミンバレーパークでもう一つのメイン施設となるのが、「コケムス」と呼ばれる展示施設。

No image

ここでは、ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの人生とムーミンの歴史や世界感が楽しめます。

No image

歩き疲れたら「コケムス」の1階にあるカフェレストランでひと休みするのがオススメ。

No image

夜の森で開かれるパーティーをイメージした同店には「ムーミン谷の彗星」のワンシーンをイメージしたハンバーグや冬眠しないトゥーティッキ(おしゃまさん)の帽子をイメージしたブルーのタルトなど、ユニークなメニューがラインナップしています。

No image

この他にも1回500円でゲームが楽しめるスポットや、リトルミイが主役の参加型アトラクション、若き日のムーミンパパの冒険を一緒に体験できるシアターなど、ムーミンの世界にどっぷりひたれる施設が並んでいます。

No image

そうそう、ムーミン屋敷の目の前にある「エンマの劇場」では、ムーミンの物語に登場するキャラクターたちが登場するショーが1日3回行われます。こちらは子どもが楽しめそう♪

No image

【温かくそっと寄り添ってくれるようなテーマパーク】

ひと通り施設を見て感じたのは、ムーミンの魅力はあの見た目のかわいさに加えて、物語に散りばめられた名言と人生訓にあるということです。

たとえば「ごぞんじのとおり、人はおどろかされてばかりいると、だんだん姿が見えなくなっちゃうものでしょ」というセリフ。これは『ムーミン谷の仲間たち』の、皮肉を言われ続けて姿が見えなくなってしまった女の子・ニンニのお話に出てくるものです。

No image

ムーミンのお話って、酸いも甘いも嚙み分けた大人だからこそ分かる言葉に溢れているんですね。展示施設などで目にするキャラクターの言葉のひとつひとつにジーンときてしまいました。

No image

ムーミンバレーパークは、テンションを上げなくとも堪能できる異色のテーマパーク。家族や友人とワイワイ楽しむ事ももちろんできますが、落ち込んだ時に一人で行っても受け止めてもらえるような懐の深さがありました。

ぜひムーミン初心者にこそ足を運んでもらいたいです!

ムーミンバレーパーク
おとな(中学生以上)1500円、子供(4歳以上小学生以下)1000円
園内一部有料アトラクションはおとな・こども共に一律料金。3歳以下は無料。
・飛行おにのジップラインアドベンチャー 1,500円(税込)
・海のオーケストラ号 1,000円(税込)
・ムーミン屋敷 ガイドツアー 1,000円(税込)
・リトルミイのプレイスポット 700円(税込
10:00〜20:00(カフェレストランのラストオーダー19:00)

画像・執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

▼ムーミンのお部屋♪

No image

▼本が積まれているのは、小さなリトルミイの特等席なんだとか!

No image

▼「コケムス」のインタラクティブな展示も見応えがあります

No image
No image

▼ムーミンファンの間ではおなじみのキャラクター「うみうま」の絵付けができるワークショップ

No image

▼可愛いジェルネイルが完成できるワークショップ(おひとりさま指1本まで)

No image

▼アスレチックやジップラインなど体を動かして楽しめるエリアも

No image

▼ムーミンたちと一緒に写真を撮影できる写真スタジオ

No image

▼魔法の帽子から出てくる雲をイメージした綿あめが乗ったパンケーキ

No image

▼お土産物もキュートなお品が揃ってます♪

No image

▼衣類用ミストやハンドクリームも!

No image

▼ムーミンだらけ

No image

▼リトルミイだらけ

No image

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
屍の真似をすると快眠できる!?ヨガの「屍のポーズ」が即寝落ちと話題に
恐怖。「歯が抜ける夢」を4人に1人が見る理由
中学時代に自分をいじめた女子へ復讐 壮絶な内容に「最高!」「人として最低」と賛否
JR中央線、運転見合わせの経緯に騒然 「怖すぎる」「見えちゃいけないものが...」
偶然の一致? 渋谷の女子高生300人が「新元号」を予想したら...まさかの結果になった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加