正しい頭皮マッサージとは?

正しい頭皮マッサージとは?

  • 頭美人
  • 更新日:2017/10/11
No image

正しい頭皮マッサージとは?

頭皮のマッサージのやり方を間違えると、毛の育つ頭皮では無く、反対に毛の育たない頭皮へと導いてしまいます。

しかし、手順や方法をきっちり行えば、効果として現れる事が多いので、マッサージは髪の毛を増やすためには効果的ではある一方、傷つけてしまう恐れもあるので、正しい頭皮マッサージを知る必要があると言えます。

頭皮をマッサージする3つの目的

主に頭皮マッサージの目的は以下の3つです。

■頭皮の緊張をほぐしてあげる

■血流を促してあげる

■毛細血管を増やす補助的な役割を果たす

どのタイミングが一番効果的か?

・お風呂上り

・起床後

上記のように、1日2回を目処に行うと効果的。

頭皮がカチカチの時に無理に行うのではなく、緊張が解れやすい時、例えば湯舟に浸かっている時などに行うと無理なく行えます。

体も一緒にほぐしてあげる

頭皮が緊張するのは、肩や首筋・背中など、あなたの体が緊張しているからです。

頭皮だけをほぐしたところで、結局、肩や首筋・背中が緊張していると、頭皮はすぐに固まりがちです。

ほぐす流れ

まずは肩の筋肉を5本の指を使い、左右に動かしながら前後に揺らします。左肩は右手で・右肩は左手で行います。

次に首筋の筋肉をゆっくり上から下へ。下から上へ。
そして左右に揺らすようにしてほぐしていきます。右側は右手で・左側は左手で。

さらにツボを気持ちの良いくらいの力で押してほぐしていきます。

ツボと言っても分かりづらいので、頭蓋骨周辺の凹んでいる部分を指の腹で押してほぐしていきます。

1番気持ちよく感じる凹み(首筋の右側と左側)を1分~2分程度でよいので丹念にほぐして下さい。
どの指を使って頂いても構いません。

体が少し楽になってきたところで、肩甲骨を使って腕を大きく前後に5回程度ずつゆっくりと回します。

筋肉が連動して動くので肩と首がほぐれて楽になり、頭皮の緊張が緩みやすくなります。

最後に首筋に沿って手のひらを使い鎖骨までリンパを流します。

ほぐす時のコツ

頭蓋骨周辺のツボ・首筋・肩を気持ちの良い程度の強さでほぐしてあげてください。

湯船に浸かっている時に行っても構いません。

頭皮のマッサージ

その後、頭皮のマッサージを行いますが、必ずタオルを使い行って下さい。

タオルを被り両手の平で頭皮を掴み、前後・左右、円を描くように動くだけ動かします。

無理に動かすと失敗するので、あくまでも動くだけ動かして行います。頭皮の緊張が解れるように2分か3分行えば良いでしょう。

生え際・頭のてっぺん・つむじ周辺・耳の上あたり・後頭部にかけて、順番に行うと良いでしょう。

サウナを利用する

心・身体・頭皮、全てに余裕を持つために、月に1回か2回でよいので、サウナに入るとより良い状態へと向かっていきます。

お近くに温泉や温泉施設があるなら、短い時間の中でも汗をかくためだけに通うのが良いです。

「頭」に汗をかく事を意識するのが大切ですよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
《プチプラコスメマニアがオススメする!》今だけ限定!【ピンクのヴァセリン】が可愛すぎる❤️
インスタ映えも!美容食の最新トレンド「クレンズフード」3選
「筋トレ+ジョギング」で全身をギュッと引き締める!
あなたはどっち?似合う髪型がわかる「女顔or男顏」診断チェック5つ
覚えておきたい冷え対策3つの基本原則
  • このエントリーをはてなブックマークに追加