天理が大垣日大に完封勝利、4番神野が2打席連続弾、先発坂根は9安打完封

天理が大垣日大に完封勝利、4番神野が2打席連続弾、先発坂根は9安打完封

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/13
No image

第99回全国高校野球選手権大会 8月13日(第6日)試合結果

大垣日大は毎回走者出すも得点に結びつけられず

第99回全国高等学校野球選手権大会は13日、大会第6日が行われ、第1試合は天理(奈良)が大垣日大(岐阜)を6-0で破り、3回戦進出を決めた。3年生の4番・神野が先制ソロを含む2打席連続アーチを放ち、チームを勝利に牽引した。

天理は2回、4番・神野が大垣日大の先発・修行からセンターへ先制アーチ。4回にも再び神野が2打席連続となる左中間ソロを放つと、2死二塁から7番・森本が右翼へ適時打を運んで3点目を挙げた。5回には杉下の三塁打と太田の犠飛で2点を追加。8回には1死三塁から5番・城下が見事にスクイズを決め、とどめの6点目を挙げた。

天理の先発・坂根は初回から毎回走者を背負うも、決め手の一打を許さない粘りのピッチングを披露。機動力を絡めながらの攻撃に優れた相手打線を封じた。

3年ぶり出場の大垣日大は3回戦進出を狙ったが、あと1本が出ずに敗れた。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
阪神・糸井、緊急昇格も 2試合連続打点で復調アピール
阪神藤浪大荒れ7四死球3失点KO、再び登録抹消へ
広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加