2012年準V 4年ぶりの出場

  • tennis365
  • 更新日:2016/10/19

男子テニスツアーでクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、ハード、ATP250)は17日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク62位のT・ベルッチ(ブラジル)が主催者推薦で出場のC・Ilkel(トルコ)を7-5, 6-1のストレートで下し、初戦突破を決めた。

初対戦となったこの試合、ベルッチはファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得し、Ilkelに2度のブレークを許すもそれを上回る7度のブレークに成功し、1時間25分で勝利した。

2回戦では、第8シードのA・クズネツォフ(ロシア)G・ペラ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

ベルッチは、過去のクレムリン・カップで2012年に1度だけ出場しており、その時は決勝でA・セッピ(イタリア)に敗れるも準優勝を果たした。

今大会のシード勢は第1シードにR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第2シードにA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、第3シードにP・コールシュライバー(ドイツ)、第4シードにV・トロイキ(セルビア)、第6シードにP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第7シードにP・ロレンジ(イタリア)、第8シードにクズネツォフ。

上位4シードは1回戦免除のため2回戦からの登場となる。

昨年はM・チリッチ(クロアチア)がバウティスタ=アグを下して大会2連覇を果たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フェデラーとセレナはIPTL欠場
ゴンサレス勝利 ジャパン1勝
ジョコビッチ王座奪還へ練習時間「増やすべき」、ベッカー元コーチ
元テニス部B’z稲葉浩志、錦織圭を質問攻めに
錦織 最終戦vsマレーが2位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加