人気ゲーム『FIFA20』、キャリモの「ローンで獲るべき10名」

人気ゲーム『FIFA20』、キャリモの「ローンで獲るべき10名」

  • Qoly
  • 更新日:2019/11/20
No image

9月末に発売された『FIFA20』。世界唯一のFIFA公認サッカーゲームとあって、多くのユーザーがプレイを楽しんでいる。

今回は『Real Sport』から「キャリアモードのスタート時にローンで獲得すべき10名の選手」を紹介しよう。

ロドリゴ・ベンタンクール(ウルグアイ/CM)

No image

クラブ:ユヴェントス(ピエモンテ・カルチョ)

総合値:79

ポテンシャル:89

2017年にユヴェントスへと移籍した若きウルグアイ人MF。まだ22歳であるが79という高い総合値を示している。

87のスタミナはすでにトップクラスであり、85のショートパスとボールコントロール、84のドリブルなども優秀だ。ユヴェントスの中盤が分厚いため、このチャンスを逃さず獲得しよう。

ティロ・ケーラー(ドイツ/CB、SB)

No image

クラブ:PSG

総合値:79

ポテンシャル:86

昨年シャルケ04からかなりの額でPSGにやってきたドイツ人DF。様々なポジションをこなせる強みはあるものの、クラブでの立場は決して重要なものではない。

積極性が85、スライディングが83、タックルが81とディフェンスにおいては信頼できる数値を持っている。ボールコントロールにも優れており、どんなクラブでも有用な存在だろう。

ロドリゴ(ブラジル/LW、RW)

No image

クラブ:レアル・マドリー

総合値:77

ポテンシャル:90

今季18歳でレアル・マドリーにやってきた天才ブラジル人は、すでにヴィニシウス・ジュニオールを追い越してしまったかのようだ。FIFA20でもそれだけのポテンシャルを持つ。

すでに俊敏性が87、加速が86に設定されており、バランスも84と高い。このゲームで最高の選手の一人になり得るカードであり、できるだけ早く自分のチームに加えるべき。

タミー・アブラハム(イングランド/ST)

No image

クラブ:チェルシー

総合値:76

ポテンシャル:85

今季12試合の出場で10ゴールを決めたアブラハム。補強禁止処分で得たチャンスを逃さずに掴み、チェルシーのエースに成長した。

ところが、彼はFIFA20のキャリアモードをはじめたときにはローンリストに入っている。驚くべきことだが、獲得したいチームにとってはただのチャンスでしかない。

アクセル・トゥアンゼベ(イングランド/CB、RB)

No image

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

総合値:74

ポテンシャル:85

アストン・ヴィラからローンバックしてきた彼は、マンチェスター・ユナイテッドでは完全にバックアップの立場だ。もちろんキャリアモードの開始時にもローンリストに載っている。

ただ彼は85のポテンシャルを持つ優秀な若手だ。スプリントスピードはすでに80あるし、敏捷性は76、強さは75。ローンで獲得する価値がある。

メリフ・デミラル(トルコ/CB)

No image

クラブ:ユヴェントス(ピエモンテ・カルチョ)

総合値:74

ポテンシャル:85

今季サッスオーロからユヴェントスに移籍してきたトルコ人のDFは、まだ1試合しかプレーしていない。キャリアモード開始時にローンリストへ加えられることも当然だ。

彼は今のところ総合値が74であり、決して特別優れた能力がアルわけでもない。しかし79の強さ、77の積極性とスライディングを持っており、全体的に守備面で信頼できるパラメータだ。

ブラヒム・ディアス(スペイン/LW、RW)

No image

クラブ:レアル・マドリー

総合値:73

ポテンシャル:86

マンチェスター・シティで期待された若手は、今年1月にレアル・マドリーへと移籍した。それから13試合に出場し1ゴール2アシスト。決して中心選手ではない。

ローンリストに載る彼は86のバランス、83の俊敏性、81のドリブルを持っている優秀なウイングだ。スキルも豊かであり、借りることができれば大きな武器になるはず。

ミカエル・キュイザンス(フランス/CM)

No image

クラブ:バイエルン

総合値:72

ポテンシャル:84

今季バイエルンに加入したフランス人MFは、まだブンデスリーガで2試合しか起用されていない19歳だ。ただ能力は現状でも優れている。

カーブの85という数値が目を引くが、敏捷性の84、クロスの79もなかなか。ショートパスの78も及第点であり、ローンで獲得すれば戦力となるはず。

リキ・プイグ(スペイン/CM)

No image

クラブ:バルセロナ

総合値:71

ポテンシャル:87

バルセロナのユースから育った19歳の天才は、現在Bチームでプレーしている。12試合で2ゴール2アシストを決めた彼は、今後スペインを背負って立つ選手になると期待される存在だ。

まだ総合値71と控えめになっているが、ショートパス79、ビジョン78、ロングパス76とチームの司令塔になれる選手だ。ポテンシャルもかなりのもの。

エルジフ・エルマス(マケドニア/CM、CAM)

No image

クラブ:ナポリ

総合値:71

ポテンシャル:84

フェネルバフチェからナポリに加入したマケドニアの新星。すでにアンチェロッティ監督が7試合に起用しており、チャンピオンズリーグでも3回出場した。

【関連記事】FIFA20、UTモードで最も「コスパよし」な10名

78のシュート力、77の積極性、74のドリブルを備えており、ショートパス74、ロングパス72、ビジョン71と司令塔に育つだけの資質を持っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル移籍を断ったのはミス...30歳になった元シティFWが後悔
ザギトワ活動休止の波紋 陣営がプルシェンコ氏の談話批判「1人ぐらい選手育てて」
ムスタファ会長「何も決まっていない」 ロシアの五輪除外処分で―ハンドボール
プレミアクラブのリーグタイトル獲得したことのある選手数ランキング!
京都19歳MF、卓球×サッカー挑戦にマジョルカ久保も“ツッコミ” 「サッカー経験者ですか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加