「転職すべき」か「とどまるべき」か 転職コンサルタントにアンケート

「転職すべき」か「とどまるべき」か 転職コンサルタントにアンケート

  • OVO
  • 更新日:2019/09/05
No image

【写真】関連情報を含む記事はこちら

転職を考えた時「迷わず移籍を考える」か、それとも「やっぱり今の会社にとどまるべき」か、迷う人が多いだろう。そんな中、プロの転職コンサルタントの半数が、「面談した人の3人に1人は現職にとどまるべき」と思っていることが、エン・ジャパン(東京)が実施した「転職すべき人・現職にとどまるべき人」アンケートで明らかになった。サイトを利用している転職コンサルタント132人から得た結果だ。

現職にとどまるべき理由(複数回答)を聞いたところ、「本人の希望と、転職市場での市場価値にギャップがある」(77%)がダントツのトップに。以下、「転職回数が多く、これ以上の転職には大きなリスクが伴う」(39%)、「キャリアップできない理由が会社にあると思っている」(34%)が続いた。反対に、転職すべき理由では、「今後やりたいことと転職理由に整合性がある」(59%)、「現職企業に将来性がない」、「現職企業では、本人の希望が絶対にかなわない」(いずれも53%)の順に多い。

転職成功者が転職でかなえたことのトップ3は「年収アップ」(62%)、「仕事を通じた成長」(48%)、「仕事を通じた達成感」(43%)で、2017年の調査と比較すると、「年収アップ」は10ポイントアップした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
すべてが怨念で埋め尽された「黒い家」 なぜこんな惨状に?家主が明かした真相
「カナダ人の半分が住んでいる地域を赤で囲ってみた...」衝撃を受ける人が続出
衝撃:生まれて初めて新幹線の「グリーン車」に乗ってみた結果 → 最終的に己の無力さを知った
無印のパスポートケース、「さらに別の使い道」で人気。 SNSでも「いいね」
みやぞん、指先だけで人を部屋から追い出す方法 「頭いい!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加