三井化学、敗血症の原因菌を同定する新たな検査法を事業化へ

三井化学、敗血症の原因菌を同定する新たな検査法を事業化へ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/20

三井化学は10月19日、敗血症の原因菌を迅速に同定する新たな検査法「Tm mapping法」の製品化を目指した富山大学との共同研究が、日本医療研究開発機構(AMED)「産学連携医療イノベーション創出プログラム」イノベーションセットアップスキームに採択されたと発表した。実施予定機関は2016年11月1日~2018年3月31日。

患者体内の感染症の起炎菌を検出・同定するために、現在では血液培養検査が行われているが、同検査は必ずしも完全ではない。また、培養後に行う一般的な生化学的性状検査法では、検体提出から起炎菌の同定まで通常2~3日を要するという課題がある。

Tm mapping法は、これらの課題を解決するため、同社と富山大学大学院医学薬学研究部 仁井見英樹准教授らの研究グループが開発を進めている遺伝子検査法。血液培養を行わず採決から3時間程度で未知の起炎菌を同定することができ、感染症早期に同定結果に基づいた適切な抗菌薬選択が可能となる。

同社は、同定のための検査キットを研究用試薬として提供するため、今年度末までに生産体制を構築する予定であるとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白亜紀末大絶滅はなぜ起きた?(上)-“化石記録”ミステリーの歴史
北極海、氷の下に広がる幻想的な光景―「水中ドローン」で撮影に成功
アポロ17号が月に残した探査車を探しにいくぞ!
脳に電気刺激を与えて忘れた短期記憶を再生することに成功
木星の衛星エウロパから水蒸気? 生命の可能性も...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加